我が家の犬(ミニチュアダックスフンド)が服を嫌がる! 対処法は?


このページは約7分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、いつの頃からか、飼い犬に服を着せる人が周りに増えてきたように感じます。我が家でもミニチュアダックスフンドを飼っていますが、お散歩を含め、外に出かける時には出来るだけ服を着せるようにしています。

 

 ちなみに、ペットショップやインターネットの通販サイトなどをちょっと覗いただけでも、色や模様から素材に至るまで、実にさまざまな犬用の洋服が販売されているのを見かけますよね。

 

 もしかしたら、飼い犬に服を着せるのが増えてきたのは、こういったデザイン性のある洋服を着せたくなる、可愛い小型犬を飼う方が増えて来たのが、その大きな理由なのではないでしょうか?

 

 でも、最初のうちは何かと服を嫌がることが多いかもしれません。そこで今回は、嫌がる時の対処法」と題しまして、飼い犬に洋服を着せるときのポイントなどについて、詳しくご紹介させて頂きたいと思います!

 

 それと、その他にも補足情報として、犬に服を着せることのメリットなどの、気になる情報についてもご紹介させて頂きますね! ではスタート♪


スポンサーリンク

 

そもそもなぜ犬に服が必要なの? 着せるメリットは?




 

 さて、”そもそもなぜ犬に服は必要なのか?”と、疑問視する方も中にはいらっしゃると思います。確かに被毛で覆われている犬に洋服って、一見すると必要無さそうに感じますよね。では具体的なメリットは一体何なのでしょうか?(もしそのメリットが少なければ、犬に服を着せること自体が無意味になってしまいます。)

 

 という訳で、さっそくその辺が気になり調べてみたところ、どうやら第一に、人間の洋服と同じく「汚れを防止できる」という事が挙げられるようです。犬が散歩の際に、嬉々として水たまりに突っ込んでいく姿は無邪気で嬉しそうで見ていても楽しいのですが、毎度毎度汚れた体を洗うのは大変です。

 

 そんなやんちゃな犬には、防水加工を施した洋服などを着せると良いそうですね。これであれば、お散歩から戻ったら、玄関口で洋服を脱ぎ、汚れた手足だけを洗ってやれば、後は身体はすっかりキレイな状態になります。

 

 それと、第二の理由として、「病気や怪我の予防のため」というのも挙げられるようです。人間にとって、道端の草花のトゲや折れた枝など、何気ない光景なのであまり気付きませんが、目線の低い犬にとっては、道を歩いているだけでも、様々な怪我や病気の原因が待ち構えています。

 

 つまりは、服を着ていることで、そういったトゲや枝からの直接的なダメージを、守ってくれるという訳ですね。そう考えると、服でそれらから身を守ることの対価としての洋服は、さほど高い買い物では無いかなと思います。

 

 それと、「体温調節のため」という理由も忘れてはいけません。犬は汗をかきませんから、日差しの強い日に直射日光にさらされると、皮膚から吸収した熱が身体に溜まり過ぎてしまいます。

 

 また、直射日光だけではなく、道路からの反射熱も見逃せません。特にミニチュアダックスフンドなどの胴長短足の犬は、他の犬よりも更に低い位置に身体があり、アスファルトで反射した熱も、かなり強く受けてしまいます。

 

 なので、そういった部分から身体を防止するためにも、洋服は必要なんですね。(ちなみに、直射日光や地面からの照り返しは、通気性の良い服を着せることで軽減することができます。)

 

 また、最近は気化熱の原理を利用した犬用の「クーリングシャツ」というのもあるそうですよ!


ASHU クーリングノースリーブシャツM・Lサイズ 犬の暑さ対策 UVカット

 

 話を戻しまして、その他にも「抜け毛を散らさないため」というのも理由の一つだそうです。飼い主にとって愛犬の抜け毛というのは、さほど気にならないかもしれませんが、他人からすれば、よその犬の抜け毛というのは、結構気になるところです。

 

 それに、中には犬が嫌いな人や、アレルギーなどの理由から、犬の毛が舞っているだけでも駄目な人がいる可能性などもあります。なので、マナー面でも犬服が必要になるという訳なんですね。他の人に迷惑をかけずに、犬を愛したいものです。

 

 こちらは補足情報ですが、実は犬の体温というのは、肉球で測れるそうです。実際に肉球に触れてみて、普段よりもかなり暖かければ暑がっているという事になりますし、逆に冷たければ寒がっているという事になります。(その状態に合わせて洋服をチョイスすると良いでしょうね。)


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬が服を嫌がる時はどうしたら良いの? 対処法は?




 

 さて、犬が服を嫌がる理由はいくつかあります。という訳で、ここでは、その中でも比較的多くの犬に見られるケースについてと、あとはその対処法などについてご紹介して行きたいと思います。

 

 まず、よく見られるのは「そもそも身体を触られるのが嫌」というケースです。ちなみに、これは十分な信頼関係があれば直すことが出来ますので、まずはブラッシングなどでスキンシップをこまめにはかり、愛犬が身体を触れても大丈夫なようにして行きましょう。

 

 次に、体を触られるのが平気でも、そもそも洋服に慣れていないという事なども挙げられます。要するに、”洋服はなんだかごわごわして嫌い”という感じですね。これは人間でも同じですが、何度か洗濯をして新品のごわごわ感を取ってあげると慣れてきます。

 

 ここで大事なのが、できるだけ愛犬にフィットした服を選ぶことです。見栄えが良いからと言って小さすぎ、または大きすぎの服を着せていると、変なところが締まったり、だぶついた部分が絡みついて、不快感が増してしまうそうですよ。

 

 また、洋服の素材も注意して頂きたいポイントです。ここでのキーワードは静電気。ふさふさの犬に化繊の服を着せると、服と毛がこすれて静電気がたまり、脱がせるときにバチバチッ! なんてことになってしまいます。そうなると、犬はやはり嫌がっちゃいますよね。

 

 ちなみに、短毛ならばそれほど静電気に気を使う必要はないかもしれませんが、長い毛の犬に着せる場合は、天然素材のコットンなど、なるべく静電気がたまりにくい材質の洋服を選ぶのが良いでしょう。

 

 それと、毛の話をもう一つしますと、服を着せればどうしても服と毛がこすれて、毛が切れなり抜けたりします。それに、洋服に付着した抜け毛がダマになったりすると、そこに雑菌やダニが繁殖するきっかけになったりします。

 

 そんな服をもう一度着せたらどうなってしまうのか?、これは想像しただけで震えてしまいそうですね。なので、くれぐれも、洋服は常に清潔に保っておきましょう。


スポンサーリンク

 

犬が洋服を嫌がる際の対処法などについて-終わりに-

 

 さて、今回は、”我が家の愛犬になんとか洋服を着せてあげたい!”という方向けに、犬が服を嫌がった時の対処法などについて、主に調べてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 実は、筆者は今まで”犬に服を着せるのなんて、どうせ飼い主の自己満でしょ”と思っていたんですが、今回見た目以外にも理由があった事が分かり、非常に驚きました。それどころか、”こんなにメリットがあるのなら、ぜひ家のダックスくんにも着せようかな?”とさえ思いましたね。

 

 特に、我が家のダックスは短毛なので、最近お散歩のときにはちょっと寒そうなんですよね。本当に急いで”なんか温かい洋服などでも買ってあげないとな…”と思ってます。

 

 という訳で、画面の前のみなさんも、ぜひ可愛いだけでなく、機能的な洋服を着せてあげて、愛犬と一緒にお外へ繰り出してみてはいかがでしょうか?^^ 寒い冬でも暖かい洋服を着せてあげることで、ワンちゃんも、いつもより元気に走り回るかもしれませんよ!^^

 

 ※最後に、ちょっと服が嫌いで、カミカミしてしまうミニチュアダックスフンドの可愛い動画を見つけましたので、ご紹介させて頂きます。やはり慣れるまではこんな感じなんでしょうね~(`・ω・´)ゞ (YouTube/ミニチュアダックス3姉妹物語より)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。