犬の病気で腎臓病の場合の余命は? 症状はどんな感じ?


このページは約7分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、先日暇だったので、何気なくネット上で犬関連の病気について調べていたところ、何やら「犬の病気 腎臓病の余命」なるキーワードを発見しました。

 

 このキーワードを見て、”あ~犬にもやっぱり腎臓病ってあるよね~”と思ったのと同時に、もしも愛犬がこの病気に罹った時の事を考え、余命情報などについてもかなり気になり出しました。

 

 そこで今回は、この気になる腎臓病の余命という部分についてや、そもそもの症状の概要などについて、詳しく調べてみる事にしましたよ!

 

 この記事を読んで頂くと、犬の腎臓病についての知識が深い部分で得られるかと思いますので、ぜひ最後までご覧くださいね^^ それではスタート!

 

犬の腎臓病に関する基本情報! 症状はどんな感じなの?




 

 さて、まずはそもそも、犬の腎臓病ってどのような病気なのかがよく分からなかったので、その辺について詳しく調べてみました。

 

 で、早速その調べた結果ですが、まず犬の腎臓病とはどのような病気なのかについては、こちら人間と同様に、腎臓が上手く機能していない状態に陥ってしまう病気ですね。(つまり、腎臓の機能が悪くなった状態の事を指します。)

 

 ちなみに、血液検査などを行って、そこで始めて気付く飼い主さんも多いようですから、初期段階で見た目的に気づく事は稀のようです。その場合、症状がかなり進行している状態が多いようですね。高齢の場合は、更に命のリスクが高まるようです。


愛犬とペアルックするならココ!


スポンサーリンク

 

 それと、この腎臓というのは、一度機能が悪くなったり障害を受けたりすると、多くの場合は二度と再生しないとの事です。

 

 更に、その状態で放っておくと、症状は一気に進行して、「腎不全」といった重い病気に罹る事も懸念されます。ちなみに、この腎不全とは、腎臓の機能の75%以上失っている状態の事を指して言います。

 

 この状態に犬が陥ると、体に余分な水分が溜まりすぎて、見た目的にむくみなどが出てきます。更にそればかりではなく、吐き気や貧血、高血圧や食欲不振なども引き起こすとの事です。

 

 それと、とにかくこの状態のままでいると、最悪「尿毒症」などになる可能性もあるようで、その場合、最悪生命の危機に陥るとの事ですね。なので、やはり若いうちから、最低でも1年に1回は、人間と同じように健康診断を受けさせる事が重要となります。

 

 ちなみに、筆者の犬は10歳なのですが、動物病院の先生によると「7歳を越えたらやはり半年に1回は健康診断をした方が良い」との事でした。血液検査だけではなく、レントゲン検査やエコー検査なども必須との事ですね。それが病気の早期発見(治療)にも繋がるとの事です。

 

以下オススメの記事

 

 話を戻しまして、犬の腎臓病の気になる症状としては、前述した吐き気や貧血、食欲不振や高血圧なども他にも、以下のようなものが挙げられるようです。

  •  ・見た目的に痩せてくる。
  •  ・傍目から元気が無くなるのが分かる。
  •  ・これまでよりも著しく運動量が低下する。
  •  ・尿の臭いがあまりしなくなり、量も増える。
  •  ・とにかく水を沢山飲むようになる。

 

 以上、これらの症状が表れたら、腎臓病を疑った方が良いとの事です。とにかく一番良いのは、まずは動物病院で診てもらう事ですね。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬の病気で腎臓病に罹った場合の余命ってどの位なの?




 

 さて次は、今回の本題である、犬がもしも腎臓病(腎不全)に罹った場合、いったい余命はどの位なのか?という気になる部分について、詳しく調べてみる事にしました。

 

 で、早速その調べた結果ですが、まず前項でお伝えした通り、犬は腎臓が悪くなって症状が進行すると「腎不全」という病気になりますが、この状態だと大体余命は1年半~2年位と言われていますね。(慢性腎不全の場合。)

 

 ただし、前項でお伝えしたような尿毒症を発症している場合は、余命数ヶ月程度とも言われています。この場合は、息がアンモニア臭くなるなどの症状が出るので、素人でも分かりやすいと思います。

 

 更に、尿が出にくくなったり痙攣などの症状が出た場合、余命はもっと短く1週間~1ヶ月程度と言われていますね。この辺はもはや言うまでも無いですが、このような状態になる前に、やはり飼い主としては、早めに気付いてあげたいものですね。


スポンサーリンク

 

 ちなみに、犬の腎不全というのは、ステージ1~ステージ4まであるようで、それぞれ血液中の「血清クレアチニン」濃度の数値によって、レベル別に分けられるようです。

 

 まぁ4が一番危ないというのは言うまでも無いですが、まずステージ1については、こちら症状としては、水を多く飲むようになったりするようです。

 

 そして、オシッコの回数や量なども増えて、尿自体の色も薄い事が多いようですね。ちなみに、ステージの状態では、まだ血液検査での異常は見られない事が多いようです。

 

 次に、ステージ2についてですが、こちら症状としてはステージ1と同様に多飲多尿が見られます。ただ、このステージまでは、他に見た目的に異常な部分は無く、体的にも元気な事が多いようなので、中々気付きにくいようですね。

 

 健康診断などの検診で始めて気づくケースが多いようです。ちなみに、この段階で血液検査を行うと、わずかな数値の以上が見られるとの事です。

 

 次にステージ3についてですが、ここからは深刻な症状がいくつか出て来てくるようですね。まず見た目的に元気が無くなったり食欲が無くなったりします。

 

 そして、下痢や嘔吐、貧血といった症状も見られるようですね。原因としては腎臓のろ過機能の低下で、体内に老廃物が溜まってしまうからとの事です。

 

 そして更に、症状としてはこれだけでなく、他にも血尿や血便、体の震えなども起こったりもするようです。この辺は、先程お伝えした尿毒症が関係しているようですね。口臭も臭くなったりします。

 

 話を戻しまして、最後にステージ4についてですが、こちら「犬がこの状態に陥る=末期」を意味しています。要するに、積極的に治療を行って行かないと、生命を維持できないという状態ですね。

 

 余命に関しては、先程お伝えした通りですが、いずれにしても、早期発見と早期治療が望ましい状態であるという事は、言うまでもありません。


スポンサーリンク

 

犬の腎臓病の症状や余命情報についての記事-終わりに-




 

 さて今回は、犬の腎臓病に関する基礎情報を始めとして、その他にも、気になる「余命」という部分について、詳しく調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 この記事を読んで、だいぶ今までよりも、犬の腎臓病に関しての知識を深められたと思いますが、やはり何度もお伝えしている通り、定期的な健康診断が早期発見&早期治療にも繋がりますので、その辺は飼い主の責任として受け止めて行きたいものですね。

 

 ちなみに、慢性的腎臓病や腎不全などに関しては、高齢犬が罹る事が多いようですが、実際に高齢の愛犬が罹ってしまった場合、”なるべく体に負担を掛けたくは無いな”という方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

 とにかく、”高齢期を長い間、病院でただ点滴を受けながら過ごさせるよりも、自宅でのんびりさせた方が良いのではないだろうか?”という考え方ですね。

 

 この辺は確かにそうなのですが、でも体的には、病院で点滴を受けながら過ごした方が楽との事です。これは何故かと言いますと、点滴をする事で血液や各組織の循環が良くなるからですね。要するに、愛犬が楽な状態になるという事です。

 

 しかしながら、そうなると当然、治療費もかかりますし、時間も多く取られる事になります。なので、どうするかは、やはりかかりつけの動物病院の先生と良く相談した方が良いでしょうね。相談する事によって、ベストな解決法が見つかるかもしれません。

 

 まぁいずれにしても、このような状態に陥らない為にも、やはり初期段階で見つけてあげたいものですね。その為にも、最低でも1年に1回は健康診断を受けさせてあげるようにしましょう。(高齢犬の場合は年に2回。)

 

 という訳で、以上本日の記事を終了したいと思います。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 ラストに、犬の慢性腎臓病について詳しく解説している動画を発見したので、最後にこちらをご紹介して記事の締めとさせて頂きます。図解入りでかなり詳細な情報が得られますので、ぜひご覧下さいね^^ (Youtube/nicheengより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。