犬のワクチンで5種と6種って何? 料金の相場は? 安い所でどれ位?


このページは約8分で読めます。


 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、5月に入ってからは暖かい日が続くようになったので、「愛犬と一緒に散歩する楽しさが倍増した」という方も多いのではないでしょうか?

 

 ですが、それに合わせて病原体の活動なども活発化し、色々な病気がワンちゃんに襲いかかるので、これまで以上に体調管理を気にしてあげないといけませんよね。

 

 ちなみに、犬にとって特に重大な疾患を予防する為にやっておくべきなのは、一体なんだと思いますか? そう、ワクチン接種ですね^^

 

 しかしながら、狂犬病予防こそ法律で義務付けられているものの、他のワクチンについては飼い主さん次第なので、打つ打たない方など様々なようです。

 

 まぁ打った方が良いことには変わりありませんが、いざ打つにしても、事前に様々な知識を仕入れておきたいところですよね。(例えば以下のような内容など)

 

  •  1.5種や6種、9種などの混合ワクチンは、具体的にどんな病気を防ぐの?
  •  2.ワクチンの料金の相場ってどれくらいなの?
  •  3.安い所だと、ぶっちゃけいくらぐらいでできる?

 

 …う~ん、この辺は確かに気になるところですよね。なるべく事前に知っておきたい部分です。このように、知っているようで以外に知らないのが、ワクチン接種なんです。

 

 という訳で今回は、ワクチン5種6種の違いについてを始めとして、その他にも、料金の相場(安い所でどのくらいで打てるのか?)という部分について、詳しく調べてまとめて見ることにしました!

 

 今からご紹介させて頂く情報を読むだけで、ワクチンについて一通りの知識が付くと思いますので、ぜひ皆さんのワンちゃんの為にも、最後までご覧下さいね^^ それではスタート♪


スポンサーリンク

 

そもそも犬のワクチンって毎年打つ必要があるの?




 

 さて、まずは犬のワクチンは打つべきという事を前提に、毎年打つ必要があるかどうかを見ていきましょう。(ちなみに、以下はあくまでも成犬に対してという理解で読み進めて下さい。子犬や老犬の場合は多少事情が異なります。)

 

 話を戻しまして、犬のワクチン接種の頻度についてですが、実は獣医師さんによって意見が分かれているようなんです。確かに、以前は1年に1回の接種が当たり前だったものの、最近はそれが見直され、3年に1回とする動きも出てきているようですよ。

 

 と言うのも、ワクチンを打てば、当然ながら犬の身体に負担を与えますし、そもそも抗体の持続期間が3年程持つようだと、最近の研究で判明したのが大きな理由なんだそうですね。

 

 ただ、あくまでも「持つようだ」なんです…^^; この手の研究は人間でもあいまいな部分があるので、具体的な部分は、これからの研究次第で更に細かく分かっていくと思います。

 

 ちなみに、アメリカでは10年以上前に、ワクチン接種は3年毎と決められています。また、他の国でもそうなってきているので、今後は日本もそれに倣う可能性が高いですね。

 

 もっとも、ワンちゃんによっては抵抗が出来にくかったり、アレルギーが起こったりするかも知れません。よって、実際に打つ前は、獣医師さんに相談しながら、適切に予防をしてあげて下さいね^^

 

 ちなみに、狂犬病の予防接種については、皆さんご存知の通り、毎年行うことが法律によって決められています。なので、絶対に毎年打って役所に届けるようにしましょう。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬の混合ワクチンで5種 6種 9種の違いって何?




 

 さて、それでは次に、犬の混合ワクチンの種類についてですが、ここではそれぞれどういった病気を防ぐ為のモノなのか?、という部分について見ていきましょう。

 

 以下に、接種されることの多い混合ワクチンについてまとてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

①.5種

 

 こちらは、最もスタンダードな混合ワクチンです。「ジステンパーウイルス」や「アデノウイルスⅠ型・Ⅱ型」、「パラインフルエンザウイルス」や「パルボウイルス」という、5種類が引き起こす感染症に対して効果があります。

 

 つまりは、ワクチンを打つ際に、最低限やっておくべき内容が含まれた予防薬ということですね。

 

②.6種

 

 こちらは、5種に「コロナウイルス感染症」の予防を加えたものです。ちなみに、コロナウイルス単体ではそこまで重篤化(じゅうとくか=病状が重くなること)しないようですが、他の病気と重なったりなど合併症を引き起こすと、非常に危険なようですね。

 

③.8種

 

 こちらは、飼い主さんの約4割強が選ぶというデータがある、おそらく最も一般的に普及している混合ワクチンです。

 

 ちなみに、8種は主に「レプトスピラ菌」への対応を追加しているのですが、やっかいなことにこの菌は、犬以外の人間を含めた哺乳類全般が感染してしまうそうです。

 

 なので、この8種を進める獣医師さんが多かったり、選ぶ飼い主さんが多いのは、こういった背景があるからのようですね。

 

④.9種

 

 ③でご紹介したレプトスピラ菌というのは、実はその数が数百種類ほど存在し、その全てを防ぐのはちょっと難しいようなんです。しかしながら、ワクチンで対応種を増やすのは可能なようで、その為に9種を選ぶ場合もあるようですよ。

 

 話を戻しまして、以上このような感じですが、いかがでしょうか? 要するに、基本の5種以降をどうするか?、という話ですね。(ちなみに、対応するレプトスピラ菌によって、どうやら最高で11種まであるそうです(゚д゚)!)

 

 ただし、同じ日本国内でも、やはり地域によって感染しやすい病気は異なりますし、何よりも、ワクチンの種類が増えるのは、同時にワンちゃんの負担も増える可能性があるので、やはり打つ前は、必ずかかりつけの動物病院で相談し、尚且つ最適なワクチンを選んで打って貰うようにしましょう。

 

犬のワクチンの料金相場は? 安い所でどれ位なの?




 

 さて、前項で大切なワンちゃんを守る為の、ワクチンの種類や効果については分かりましたが、やはり実際にかかる費用などを知らないと、それはそれで不安ですよね。

 

 という訳で、ここでは犬のワクチンの料金の相場などについて、詳しく見て行きたいと思います。以下に、各ワクチンの料金相場をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

  •  ・5種…5,000~7,000円
  •  ・6種…6,500~8,000円
  •  ・8種…8,000~9,000円
  •  ・9種…8,000~10,000円

 

 以上、このようになっていますが、う~ん、やはり同種のワクチンでも、ちょっと差があるようですね。パッと見ただけで、各々1,000円~2,000円くらいの開きがあります。

 

 ちなみに、これは病院ごとの料金設定の違いはもちろんのこと、接種後のアフターケアなどが絡んでくるのが、主な理由のようですが、飼い主さんの多くは、値段よりも信頼性を重視する傾向にあるようです。

 

 とは言え、安く済ませられるのなら、それに越したことはありませんよね。そこで、筆者が住んでいる東京都足立区を例に、安く打てる所はどこなのか調べてみました!

 

 その結果、以下の「クローバー動物病院」では、6種を4,500円、8種を5,500円で受けられることが分かりましたよ! 相場よりも大幅に安いので、おそらく最低限の費用だけを請求しているのではないでしょうか?

 

 このように、探してみれば相場以下で行える所は結構あるようなので、”出来るだけ安い所が良いな…”という方は、ぜひ一度皆さんが住んでいる地域の動物病院のHPなどを、いくつか検索してみるのも良いかと思いますよ^^

 

 ただし、最終的にどうするかを決めるのは、飼い主であるあなた次第です。なので、安さを追求するのも良いですが、その他のアフターケアなどの有無も、事前にキチンと確認してから決める事をオススメします。


スポンサーリンク

 

犬のワクチンの種類や料金相場について-終わりに-

 

 さて今回は、犬の混合ワクチンについて、毎年打つべきかどうかという部分を始めとして、その他にも、5種~11種までの内容の違いや、料金の相場などの情報を見て来ましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 今回の記事を見て頂いたことで、ワンちゃんのワクチン接種の事について、一通り分かって頂けたかとは思いますが、何度も言うように、結局は信頼できる獣医師さんと一緒に決めるのが一番です。

 

 なので、初めて行く動物病院の場合は、事前にHPをよく読むなり、メールや電話でしっかりと質問するなりしてから行きましょう。もちろん、低料金のところは魅力的ですが、アフターケアの事なども忘れずに考慮して下さいね。

 

 あとは、何回か行ったことがあったり、かかりつけの病院などがある方は、浮気せずにそのままそこで打ってもらうのが一番かと思います。どちらにせよ、ワクチンを打つ前は、獣医師さんによく相談してから決めて下さい^^

 

 という訳で、本日は以上となりますが、とにもかくにも、画面の前の皆さんと飼われているワンちゃんが幸せな毎日を送るために、ぜひ防げる病気は事前にしっかりと対処しておきましょう! 最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 最後に、柴犬の子どもがワクチンを打たれる様子を収めた動画を発見したので、こちらをご紹介して今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 ものすごく不安そうにして怖がってますが、なんだかんだで大人しく注射を終えていますね^^ 良い子良い子です!(Youtube/Shiba Inu himeより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

コメント / トラックバック 2 件

:匿名|

我が家は毎年抗体価検査を受けています。
大切な家族ですもの!
ワクチン接種のメリットだけでなく、デメリットも詳しく書いてくださいね。

:匿名|

知人から譲り受けたワンコが初めてのワクチンなので、参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

>ワクチン摂取のメリットだけでなく、デメリットも詳しく書いて下さいね。

上の人確かにそうだけど、情報見ておいてどんだけ上からなのよ。失礼かと思います。

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。