赤ちゃん時柴犬に似ているディンゴって何? 大型犬位でかくなる?


このページは約7分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちはドキシーボーイです。さて最近、ペットブームということもあって、街をちょっと歩けば、犬を散歩している人をよく見かけるようになりましたね。

 

 実は筆者も犬が飼いたくて、この頃は暇さえあればネットで色々な犬種について調べているのですが、あるとき偶然、「ディンゴ」なる動物の赤ん坊時代の写真を見つけました。

 

 これがまた柴犬みたいで可愛いのですよ! 筆者的にはどストライクで、見れば見るほど欲しくなって来ましたが、気になるのはやはり日本で飼うことが出来るかどうかです。

 

 という訳で今回は、このディンゴについて、そもそも一体どのような動物なのかという部分を始めとして、その他にも、どの位大きくなるのかや、日本で飼うことが出来るのかという気になる部分について、詳しく調べて見ることにしました!

 

そもそもディンゴとは? 赤ちゃんの頃は柴犬に似ている?


 

 さて、このディンゴですが、上記画像の通り見た目は犬そっくりなんですが、いったい何科の動物なのでしょうか?

 

 その辺が気になったので早速調べてみたところ、どうやらその種類としては、大陸オオカミの一種のようです。(ちなみに、広義的には野犬にも分類されているようですよ。その詳細は後ほどご紹介させて頂きます。)

 

 う~ん、たしかに以下の画像をまじまじと見ると、犬よりはオオカミっぽいですね。

dingo-41528_1280

 

 でもこのディンゴ、赤ちゃんの頃は非常に柴犬の子犬に似ていますし、コロコロしています。

 


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 かっ! 可愛いですね~! というか、本当に柴犬そっくりです!! もしもこんな子が歩いていたら、間違いなく連れて帰って飼ってしまいます。(*´∀`*)

 

 ちなみに、このディンゴは主にオーストラリアに生息している野生動物だそうで、日本の犬では無いんだそうですね。赤ちゃんの頃は柴犬にそっくりなのに、以外でした。


スポンサーリンク

 

ディンゴは大型犬の様に大きくなるの? 飼う事は出来るの?

 

 さて、こちらについては既に成犬時の画像をお見せしているのでネタバレ感がありますが、まずは子犬時のその足の太さに注目して見てください。

 


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 なるほど、けっこう前足がしっかりしていますよね。このように、太い脚は大きくなる証拠ですから、これはかなり成長しそうです。

 

 で、ズバリですが、やはり結構大きくなる傾向にあるようです。(中型犬から大型犬くらいの大きさになるようです。) 具体的には、成犬時に体長は100cmほどで、体重は15kgほどになるようですね。

 

 なので、ラブラドールレトリバーよりちょっと小さめか、同じ位の大きさになるという事になります。(ちなみに、ディンゴの平均寿命は5~6年なので、普通の飼い犬と比べるとだいぶ短命になります。)

 

 さて、このディンゴですが、ここまでの調べで、オオカミ科の一種で尚且つ結構大きくなるという事が分かりましたが、果たして日本では飼うことが出来るのでしょうか?

 

 この辺について気になって調べてみたところ、まずこのディンゴ、実は大人しそうに見えて、けっこう獰猛な肉食獣とのことです。主にウサギやネズミを食べるようですが、時には家畜やカンガルーなどを襲ったりする事もあるそうなんですね(゚д゚)!

 

 となると、やはり飼い犬には向かないという事になります。ちなみに、オーストラリアは野生動物の飼育自体を禁じているので、ディンゴを飼うことはできません。それと同じく、野生動物の輸出も禁止しているので、だから日本では見ることができないんですね。

 


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 しかし、どうやら最近では純血のディンゴ自体が少なくなって来ており、雑種化が進んでいるそうです。この雑種化したディンゴは、オーストラリアでワイルドドッグ(野良犬)などと呼ばれていて、家庭でもペットとして飼育されているそうですが、法律的にはグレーゾーンなのだとか。

 

 ちなみに、赤ちゃんの頃から飼っていれば、犬と同じように人間に懐くそうです。それに、身体能力も高いので、ドックスポーツ用などに飼われていることもあるようですね。

 

 ですが、元々は気性の荒い犬なので、やはり愛玩動物には向かず、小さな子供のいる家庭では飼育しない方が良いとのことです。どちらにしても、日本にはこのmix犬自体も輸入されていないでしょうから、現実的に飼うことは難しいでしょう。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

ディンゴを取り巻く現在の環境とは? 絶滅危惧種なの?

 

 さて前項では、野生のディンゴは凶暴で、尚且つ家畜を襲うこともあるという事をお伝えしましたが、実はそれだけでなく、人間を襲ったケースもあったそうです。そこでオーストラリアの自治体は、このディンゴを隔離する為のフェンスを設置したようですね。

 


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 このフェンスの高さは5mで、その長さは上記ツイートの通り、実に5,614kmにもなるそうです! という事は、ゆうに日本の国土を越える広さという事になりますよね(゚д゚)!

 

 ちなみに、このフェンスを出入りする時には、しっかりとゲートを締めることが義務付けられており、閉め忘れると罰金を払わなければいけないという徹底ぶりのようです。

 

 しかし、こういったフェンスでディンゴを隔離したことによって、今まで襲われていたカンガルーが襲撃されることがなくなり、カンガルーが増えすぎてしまうという問題なども起こったようですね。要するに食物連鎖のバランスが崩れてしまった訳です。

 

 このように、フェンスで隔離されてしまったディンゴですが、そんな中で、飼育放棄や逃げ出してしまった野良犬などとの交配が進み、「ディンゴ・ハイブリッド」として広く分布していったそうです。

 

 ちなみに、現在純血種のディンゴは約30頭ほどで、絶滅寸前だと言われています。今、動物園などで見られるディンゴもほとんどは混血だそうです。

 

 そんな事もあり、現在ではオーストラリア政府に絶滅危惧種と認定されており、本格的に保護活動が始まっているようです。(純血のディンゴを保護しようとする団体も出てきているそうですね。)

 

 余談ですが、オーストラリアにいた肉食獣「タスマニアンタイガー」は既に絶滅しており、同じく「タスマニアンデビル」は、ディンゴと同じように絶滅危惧種に指定されています。(以下、参考画像入りツイートをTwitterより引用)



スポンサーリンク

 

柴犬似ディンゴの概要や生態などについての記事-おわりに-

 

 さて今回は、オーストラリアに生息するディンゴについて、柴犬に似ていると言われている赤ちゃん時代の様子や、どのくらい大きくなるかについて、また、日本で飼育できるかや、現在のディンゴを取り巻く環境などについて、色々と調べて書いてきましたが、いかがでしたか?

 

 このように、日本ではあまり馴染みのない動物でしたが、その気性の荒さとは裏腹に、結構おとなしそうな感じだったのが以外でしたね。特に赤ちゃん時代のディンゴは本当に可愛かったです。

 

 という訳で、今回の記事は以上となりますが、それでは最後に、ディンゴの赤ちゃんを捉えた貴重な動画を発見しましたので、こちらをご紹介して本日の締めとさせて頂きます。やはり可愛いので、飼うことが出来ないのが何とも残念です(´;ω;`)(Youtube/Featherdale Wildlife Parkより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。