世界の超巨大な犬達を犬種(種類)別に一挙15連発ご紹介!


このページは約13分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、画面の前の皆さんは犬派ですか? 猫派ですか? 筆者の周りでは、この事についてたまに軽い論争になったりしますが、どちらかというと犬派の方が多いように感じます。

 

 ただ、日本人はやはり小型犬好きが多いみたいですね。実際、散歩されている方などを見ても、圧倒的に小型犬を連れているかたの方が多いですし、たまに大型犬の散歩をしている方などを見ると、珍しいので結構人々の目を引いています。

 

 ですが、いざ大型犬を飼っている方に話を聞いてみると、その見た目こそ大きいだけで、性格は比較的穏やかで、尚且つ優しい犬達が多いんだそうです。

 

 そこで今回は、そんな気の優しい大型犬の中でも、特に巨大な犬達に絞って、筆者厳選で今から15種類ほどご紹介させて頂きたいと思います。それではスタート♪

 

驚愕! 世界の超巨大な犬達を一挙15種類ほどご紹介!




 

 さて、それでは今から、世界にいる巨大な大型犬達を、15種類ほどご紹介させて頂きたいと思います。

 

 見たらその大きさにビックリすると思いますし、中には名前を聞いた事が無いような犬達も登場しますので、ぜひ最後までご覧下さいね♪

 

 性格の特徴などについても調べましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。それでは早速見て行きましょう!


スポンサーリンク

 

1.チベタン・マスティフ



出展 Huge Dogs You Can’t Fit In Your Apartment


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、まず初めにご紹介するのは、中国のチベット高原が原産の「チベタン・マスティフ」ですが、この体の大きさと勝ち気な性格から、元は使役犬や軍用犬として活躍していたそうです。

 

 ちなみに、現在は品種改良されて、比較的大人しい性格の個体なども多いようですね。 (しかしながら、純血のチベタン・マスティフは、全世界で200頭もいないと言われています。)

 

 それだけ希少な犬種ですから、取引価格もかなり高額で、なんと数億円になる犬もいるようですよ!(゚д゚)

 

 それに、中国の富裕層の間では富の象徴として扱われているため、各々競り落とすために熱が入るので、必然的に値段が吊り上がっているとの事ですね。

 

2.ニューファンドランド



出展 Huge Dogs You Can’t Fit In Your Apartment

 

 さて、次にご紹介するのは、こちらカナダのニューファンドランド島原産の「ニューファンドランド」です。こちら見ての通り、大きさも去ることながら、独特のその豊かな毛並みが特徴ですね。

 

 ちなみに、元々は救助犬として活躍していたようで、かなり賢くて学習能力は高いようです。また、大人になるに連れて、骨格ががっしりとしていき、体重もオスで60kg~、メスで50kg~にもなるそうですよ!

 

3.アラスカン・マラミュート


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、3番目にご紹介するのは、「アラスカン・マラミュート」ですが、この犬種はどこかシベリアン・ハスキーに似ていますね。かなり毛がモフモフしているので、触りがいがありそうです♪

 

 また、体の大きさに似合わず温和な性格のようで、飼い主に構ってほしくて近くから離れないといった、可愛らしい一面もあるのですよ! (画像を見てもうなずけますね^^)

 

4.ゴールデンドゥードル


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、次にご紹介するのは、ゴールデン・レトリーバーとプードルのミックスである、「ゴールデンドゥードル」です。

 

 こちら見ての通り、トイプードルと比べると、その大きさにとにかくビックリさせられますね!

 

 毛並みもモフモフしてそうですが、何よりもとても愛嬌のある顔をしているので、かなり可愛らしいです^^

 

5.グレート・デーン




出展 Meet Giant George, the World’s Tallest Dog

 

 こちらの「グレート・デーン」は、ドイツ原産の世界で最も巨大な犬の一つとして有名ですが、筆者は犬が主人公の「銀牙」というマンガで、ベンという犬がグレート・デーンだったので、とても馴染み深いですね。(ちょっとこの子とは見た目が違いますが、以下のような感じです。)

 


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 あっ! ちょっと話が逸れますが、この銀河という作品は犬が喋りますし、尚且つ群れをなして巨大なボス熊グループに戦いを挑むので、かなり感動モノですよ^^(それぞれ必殺技とかありますし。たしか「絶・天狼抜刀牙」だったかな? とにかくカッコイイんです!)

 

 ちなみに、その息子世代の作品である「ウィード」なんかも面白いです。分かりやすく言うと、NARUTOとBORUTOみたいな感じですね。面白いので、ぜひ見てみて下さい!


銀牙 流れ星 銀 コンプリートDVD(初回生産限定) [ 山田栄子 ]

 
銀牙伝説WEEDオリオン 1-30巻セット [高橋よしひろ]

 

 話を戻しまして、このグレートデーンはその見た目に反して性格も優しく穏やかで、威風堂々としていて、とにかくCOOLですね!

 

 ちなみに、この犬は運動量をかなり多く必要とする犬のようで、散歩は1日2回・各1時間は必要とのことです。飼いたい方は参考までに。

 

6.コーカシアン・シェパード・ドッグ




出展 dogbreeds.com/caucasian-ovcharka

 

 さてお次は、ロシア原産の「コーカシアン・シェパード・ドッグ」ですが、こちらロシア原産なだけあって、非常に寒さに強いようです。そして尚且つ、従順な性格の個体が多いようですね。

 

 また、用心深く穏やかな反面、積極的で意志の強い面などもあるようなので、飼い主を守る番犬におすすめかもしれません。(北海道の雪の多い地域で飼うと良いでしょうね。)

 

7.グレート・ピレニーズ



出展 Huge Dogs You Can’t Fit In Your Apartment

 

 さて、次にご紹介するのは、「グレート・ピレニーズ」ですが、こちらも見ての通り毛並みがモフモフして触りがいがありそうですし、尚且つとても穏やかな顔をしていて優しそうです。

 

 実際に、子供にも優しく接してくれるそうなので、しっかりと躾をしていけば、巨大な犬と子供の良いふれあいになりそうですね^^ (幼児だったら背中に乗せれるかも!?)


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

8.クーバース


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、この「クーバース」はハンガリー原産の犬ですが、トルコ語で「貴族の守護者」という意味があるそうです。その名の通り、飼い主を守る気持ちが強いそうなので、番犬に適していますね。

 

 ちなみに、この犬は50kgくらいまで成長するので、超大型犬の部類に分けられますが、体も見ての通り結構骨太でがっしりとしています。また、毛色は白いので夜でも分かりやすいそうですよ!

 

9.アクバシュ


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、9つ目にご紹介するのは、トルコ原産の「アクバシュ」ですが、こちら、広大な土地で育った牧畜犬で、主に猛獣や盗人などから羊を守っていました。

 

 ちなみに、性格としては初めての人には警戒心が強く、尚且つあまりなつかないそうなので、飼い主を守ってくれる番犬に適していると思われます。

 

10.スコティッシュ・ディアハウンド



出展 Showtime in Hillsboro for Scottish deerhounds

 

 この「スコティッシュ・ディアハウンド」は、“スコティッシュ”という名が付く通り、イギリス・スコットランド原産の犬です。(ちなみに、スコティッシュとは”スコットランドの”とかいう意味です。)

 

 話を戻しまして、その見た目からも分かるように、この犬は気品溢れる佇まいで、尚且つ凛とした印象を与えます。

 

 性格は無邪気で明るくよく遊びまわるのが好きなようですが、好奇心が旺盛すぎて、見知らぬ動物を夢中になって追いかけてしまうという一面などもあるようです。

 

11.コモンドール


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、次にご紹介するのは「コモンドール」ですが、この犬はかなり特徴的な犬で、別名”モップ犬”とも呼ばれています。(確かに画像を見ると頷けますね。)

 

 その毛並みはとても人気があるようなのですが、いかんせん見ての通り暑さには弱いので、キチンと体温管理をしてあげる必要があるそうです。

 

 ちなみに、性格はリーダー気質があるとのことなので、自立心が強く頑固な面もあるようです。ですので、多頭飼いをする時には注意が必要ですね。

 

12.セントバーナード


以下Instagramより参考画像入りの投稿を引用




出展 Huge Dogs You Can’t Fit In Your Apartment

 

 さて、次にご紹介するのは、皆さんお馴染みの「セントバーナード」ですが、こちら「アルプスの少女ハイジ」に出てくる、ヨーゼフという犬の犬種として有名ですよね。

 

 ちなみに、幼い頃は少しやんちゃな面があるようですが、大人になるにつれて落ち着いて温和な性格になります。あと、甘えたがりな一面もあるようなので、飼い主も愛情を持って接してあげると良さそうですね。

 

13.カンガール・ドッグ


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、お次にご紹介する「カンガール・ドッグ」は、トルコ原産の犬ですが、これと似た名前のオーストラリア産の「カンガルー・ドッグ」というのがいまして、ちょっとややこしいですね。(気になる画像はこちら。)

 

 ちなみに、このカンガール・ドッグは、なんとライオンも倒してしまうほどの強さを持っているようですよ(゚д゚)! もはや番犬のレベルを超えていますよねw

 

 そんな事もあり、トルコでもペットとしてあまり飼われていないようですが、とにかく人懐っこい一面もあるようなので、そのギャップが何ともお茶目ですね。

 

14.レオンベルガー


以下InstagramとTwitterより参考画像入りツイートを引用


 この「レオンベルガー」は、ドイツ原産の犬ですが、マズル周りがちょっと暗めで怖い感じがしますが、よく見ると優しい雰囲気が漂ってますね。とても穏やかな性格のようで、無駄吠えをほとんどしないんだそうですよ。

 

 それに、とても賢くて、尚且つしつけもそれほど手がかからないため、日本でも通の方に人気のある犬種のようです。

 

 ちなみに、このレオンベルガーは、水難救助犬としても活躍しているため、泳ぐことはかなり得意みたいですね。

 

15.ブラック・ロシアン・テリア


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用


 さて、最後にご紹介するのは、こちらもインパクトのある「ブラック・ロシアン・テリア」です。このワンコは、主にロシアで軍用犬として活躍している犬のようですね。

 

 ちなみに、その大きな体とは対称的に、警戒心が強く、尚且つシャイな一面なども持ち合わせているんだそうですよ。何か可愛いですね^^

 

 ですが、もともとは賢い犬なので、しっかりとしつけをすれば、子供や飼い主以外の人とも、比較的うまく付き合うことが出来るようです。

 

 以下はおまけです。(image by Huge Dogs You Can’t Fit In Your Apartment)


ナポリタン・マスティフ


グレート・デーン


サモエド


ニューファンドランドとグレート・デーンのMIX犬


イングリッシュ・マスティフ


ウルフドッグ


グレート・デーン


アイリッシュ・ウルフハウンド




スポンサーリンク

 

世界の超巨大な犬種についての紹介記事-終わりに-

 

 さて今回は、かっこよくて優しい世界の超巨大な犬達を、筆者厳選で15種類ほどご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか? あなたのお気に入りはいましたか?^^

 

 このように、大型犬は日本でも飼っている愛好家の方がいらっしゃいますが、今回のは特別大きかったですねw 普段あまりその辺で見かける事は無いでしょう。(というか、まず無いか…^^;)

 

 ちなみに、今回調査してみて思ったことは、大型犬はとても飼育が難しいという反面、愛情を持って接すれば、基本的には賢く優しい犬が多いので、育てがいがありそうだと言う事ですね。

 

 なので、今回ご紹介した以外にも、まだまだたくさんの大型犬達がいますので、この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひご自分で色々と検索して調べて頂ければなと思います。

 

 という訳で、以上、超大型犬についての記事でした! 最後までご覧頂きありがとうございます^^

 

 超巨大な犬たちのスライドショー的な動画を発見したので、最後にこちらをご紹介させて頂いて、今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 ちなみに、一部当サイトでご紹介したものと被るものもありますが、中には驚愕のデカさのワンコもいますので、ぜひ見てみて下さいね! (YouTube/チャンネルひふみより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。