犬の風邪の症状は咳に鼻水に震え? 原因や対処法は?


このページは約8分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて皆さんは、「犬が風邪を引く」もしくは「引いた」と聞いて、どのように思われますか?

 

 何となく、犬って風邪を引かないイメージがありますが、実は以外にも人間の風邪のような症状が出る時があるんだそうですね。

 

 まぁこの辺は、既に犬を飼われている方ならご存知かと思いますが、でもワンちゃんは言葉を発する事が出来ないので、飼い主さんからすると、一体どの位苦しいのか分からない事もあるかと思います。

 

 それに、病院へ行くタイミングや、その他にも、散歩や食事をどうしたら良いのか?といった疑問なども出てきますよね。考えれば考えるほど疑問が湧いて来ます。

 

 そこで今回は、風邪症状として、特に気になる「」「鼻水」「震え」といった部分についてを始めとして、その他にも、そもそもの原因は何なのか?という部分や、その対処法などについて、詳しく調べてみる事にしました。

 

 この記事を読んで頂くと、上記の気になる症状や原因について深く理解出来るだけでなく、実際に愛犬が苦しんでいる時に、一体どのように対処をしたら良いかが詳しく分かるかと思いますので、ぜひ最後までご覧下さい^^ それではスタート!

 

 ちなみに、犬に風邪という言葉は、獣医学的には用いないようですが(正式には呼吸器感染症と言います)、ここでは便宜上、獣医師さんが診察の際に使っているという事もあり、「風邪」という言葉を用います。予めご了承下さい。

 

犬の風邪の症状で気になる咳・鼻水・震えについて




 

 さて、それではまず、犬の風邪の症状で、特に気になる咳・鼻水・震えといった症状について、調べた結果を今から詳しくお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 この辺を知る事で、それぞれの症状について深く知る事が出来ると思いますので、ぜひ読み飛ばさずじっくりとご覧下さいね! では早速見て行きましょう^^


スポンサーリンク

 

 という訳で、まず一つ目は「咳」についてですが、こちらは人間と同様に、犬の身体が体内からウイルスを出そうとして、咳をするようですね。

 

 この咳自体は、特に問題は無く自然に治ると言われていますが、あまりにも長引くと、体力が消耗してぐったりとしてしまうようなので、心配であればすぐに病院へ行かれる事をオススメします。(特に、小型犬は気をつけて下さいね!)

 

 ちなみに、咳は他の犬にも伝染してしまう可能性もあるようなので、この辺にも十分気をつけて下さい。なので、愛犬が咳をしている際は、なるべく他の犬と接する事が無いように、気を付けないといけませんね。

 

 また、こちらは補足情報となりますが、この咳が異常に長引くと、風邪では無く他の病気なども考えられるようです。具体的には、心臓や肺に疾患を抱えているケースもあるようなので、この場合はしっかり検査をしないといけません。

 

以下オススメの記事

 

 話を戻しまして、次に「鼻水」についてですが、こちら犬が鼻水を出すのは、体内からウイルスや細菌を出そうとするからなんだそうですね。だから鼻水が出るようです。

 

 ちなみに、この「鼻水」にも種類があって、サラサラの無色透明な物と、ネバネバした色の付いた物などがあるようです。サラサラな方は、前述した「咳」と同様に、放って置いてもおおかた自然に治ると言われています。

 

 ですが、後者の色の付いたもの(特に黄色い鼻水)については、鼻腔を塞いで呼吸がし辛くなるようなので、注意が必要とのことです。(抗生物質を飲んで治すのが早いようですよ。)

 

 それから、3つ目の「震え」についてですが、これは人間と同様に風邪や寒さによって起きるケースが大半のようですが、どちらかと言うと、寒さが原因のケースが多いようですね。

 

 そんな事もあり、服を着せたり部屋を暖かくするなどして、対策すると良いそうです。(それだけで治る子も結構いるようですよ^^)

 

 ちなみに、犬に服はいらないという意見をよく目にしますが、こちらは半分正解で半分ハズレです。

 

 これは何故かと言いますと、例えば日本犬などのダブルコートの犬の場合は、その毛の厚みから冬でも服は必要ありませんが、洋犬などに多いシングルコートの場合は、毛がダブルコートの犬に比べそれほど密になっていないので、寒さを感じやすいからです。

 

 特に、チワワなどは、冬に服を着ないとブルブルと震えるので、かなり分かりやすいかと思います。そんな事もあり、「毛があるから寒くない」、「服はいらない」とは一概に言い切れないんですね。(我々人間も、例えば寒い日にバッチリと防寒対策をして外に出ても寒い位ですから、そう考えると分かりやすいのではないでしょうか?)

 

 と…話が脱線しそうなので戻しますが、ちなみに「震え」の他に「発熱」などの症状も出て来たら、かなり注意が必要と言われています。これは何故かと言いますと、感染症の疑いもあるからだそうですね。

 

 なので、もしも愛犬の状態を見て少しでも異変を感じたら、やはり病院へ行って詳しい検査をして貰った方が良いでしょう。いずれにしても、”何かおかしいな?”と思ったら、早め早めに行動するのがベストです。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬の風邪の主な原因は何? 具体的な対処法は?




 

 さて次に、犬の風邪の主な原因や、風邪を引いた時の具体的な対処法について、詳しく調べた結果を今からお伝えさせて頂きたいと思います。しっかりと覚えて正しい対処をして行きましょう!

 

 という訳で、まずは犬の風邪の主な原因についてですが、こちらは人間と同様に「ウイルス」だと言われていますね。このウイルス性由来の風邪を引くと、免疫力が低下したワンちゃんにとっては、気管支炎や肺炎になるリスクもあるそうなので、注意をしなければいけません。

 

 また、ウイルス感染で代表的な物に、「ケンネルコフ」という病気が挙げられますが、これは伝染による呼吸器系疾患で非常に感染症の強い病気なので、他のワンちゃんに伝染さないように、特に気を付けなければいけません。

 

 また、複数のウイルスが原因となると、完治までに時間が掛かるそうで、この辺にも注意が必要となります。


スポンサーリンク

 

 話を戻しまして、次に犬が風邪を引いた時に、我々飼い主は一体どのような対処をすれば良いのか?についてですが、こちらまずは、「しっかりと休養を取る事」が重要になって来るようです。

 

 これは、愛犬に無駄な体力を消耗させないという事はもちろんですが、その他にも、先程お伝えした通り、出来るだけ部屋を暖かくして快適に過ごせるような環境作りをするというもの、かなり重要になって来ます。また、トイレの場所を寝床の近くにするといった工夫も必要ですね。

 

 そして、この他にも「水分補給」なども大切になって来ます。これは言わずもがなですが、犬が風邪を引く事で脱水状態に陥りやすくなるので、それを防ぐ為ですね。

 

 なので、多少無理をさせても、定期的に飲ませるようにすると良いそうです。ちなみに、もしも中々水を飲みたがらないような場合は、ペット用のスポイトやシリンジなどを使って、こまめに与えてみると良いそうですね。

 

 また、「栄養補給」も重要になって来ますので、こちらも食べたくないような素振りを見せたら、いつもと違うフードなどに変えるなどして、対応してみて下さい。

 

 具体的には、ドライフードをぬるま湯で湿らせて、食べやすいように柔らかくしたり、缶詰タイプのフードなどもお勧めですね。

 

 それと、咳や鼻水などで呼吸がし辛いような場合は、「蒸気を当てる」というのも、1つの良い方法だそうです。

 

 例えば、お風呂場で熱湯を流して室内に蒸気を充満させて、その中にワンちゃんを数分間入れるといった具合ですね。こうする事で、少しは呼吸不全が改善されるようですよ^^

 

 後は、こちら何度もお伝えしていますが、少しでも心配な症状が見られたら、とにかくまずは動物病院で診て貰うのが一番です。特に、老犬の場合は症状が長引くと、他の病気を併発してしまう可能性もあるようなので、早め早めの受診をオススメします。


スポンサーリンク

 

犬の風邪の症状や対処法について-終わりに-




 

 さて今回は、犬の風邪の症状で、特に気になる「咳」「鼻水」「震え」といった症状についてを始めとして、その他にも、犬の風邪の主な原因やその対処法などについて、詳しく調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 とにかく、人間と同様に、犬も風邪を引いて症状が悪化すると重症化してしまいますので、やはり普段からの観察が大事になって来ますね。いずれにしても、愛犬の体調の変化に、少しでも早く気付いてあげられるようにしたいと思いました。

 

 また、症状が結構長く続いているような場合は、先述した通り風邪以外の可能性もありますので、その際は動物病院の先生によく相談してみて下さい。自己判断は禁物ですよ!

 

 それと、この他にも、風邪を引いてしまった際は、普段より過ごし易い環境作りが大事になって来ますので、特に室温や湿度には注意を払ってあげて下さい。なるべく愛犬への負担を少なくするのも、大切な事ですからね。

 

 という訳で、今回の記事は以上となりますが、ぜひ本記事を参考にして頂いて、皆さんの大切なワンちゃんがもしも風邪を引いてしまった際でも、慌てずにしっかりと対処してあげて下さい^^ ではまた会いましょう!

 

 最後に、犬の咳が止まらないという質問に対して、獣医さんが詳しく回答してくれている動画を発見しましたので、こちらをご紹介させて頂いて、今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 この動画では、犬の咳についてかなり詳しく教えてくれていますので、かなり参考になると思いますよ! 是非ご覧頂ければと思います! (YouTube/面白どうぶつ情報番組 オードリーチャンネルより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。