狂犬病とは何だ? 犬と人間の症状の違いは? 日本は安全?


このページは約8分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて皆さんは、狂犬病についてどの程度の知識をお持ちでしょうか? 恥ずかしながら、筆者は犬がかかると厄介な病気であるという事以外、全く分かりませんでした…。

 

 ちなみに、この狂犬病ですが、実は犬だけにかかると思われがちですが、どうやら人間も含めた全ての哺乳類に発症する可能性があるようなんですね。

 

 それに、この病気は一旦発症してしまうと、何と致死率が100%なんだそうです。(海外では年間でおよそ3~5万人の方々がお亡くなりになられているとも言われています。)

 

 そこで今回は、そもそもこの狂犬病とは一体どういった病気なのか?という部分を始めとして、その他にも、犬と人間での症状の違いや、日本は安全な国(地域)なのか?といった部分まで、詳しく調べて見ることにしました! それではスタート!

 

そもそも狂犬病とは何? 人間にも脅威がある恐ろしい病気?




 

 さて、それではまず、そもそも狂犬病とはどういった病気なのかを、詳しく調べた結果を元にご説明させて頂きたいと思います。こちらを読んで頂くと、今まで知らなかった事も知ることが出来るかと思いますので、ぜひ読み飛ばさずご覧下さい。

 

 まず、この狂犬病ですが、こちら狂犬病ウイルスを持つ、犬・猫・コウモリ・ネズミなどの野生動物に噛まれたり引っ掻かれたりした際に、その傷口からウイルスが侵入する事で起きる病気とのことです。(冒頭でお伝えした通り、全ての哺乳類が発症する病気でもあります。)

 

 ちなみに、傷口から入ったウイルスは、その後神経細胞を通って脳へと移行して行きますが、この脳内では更に大きく増殖してしまい、その結果、中枢神経障害を引き起こしてしまうようですね。


スポンサーリンク

 

 それと、この狂犬病ですが、実際にかかってしまった際の具体的な症状としては、まず1番特徴的なものとして、水を極端に恐れる「恐水症」という病気が挙げられます。

 

 その他にも、「狂躁型(きょうそうがた)」と「沈鬱型(ちんつうがた)」といった2つの特徴的な症状に分類されて、割合の多い狂躁型の特徴としては、以下のような症状が出るようです。

 

狂躁型の症状

  •  ・初期…食欲不振や異常行動をするようになる。
  •  ・中期…むやみに歩き回ったり遠吠えをしたりする。水を極端に恐れるようになる。また、表情が凶暴になり非常に攻撃的になる。
  •  ・後期…思うように歩けなくなったり、大量のヨダレを垂れ流すようになる。その後、衰弱しながら寿命を迎える。

 

 と、以上このようになっております。

 

以下オススメの記事

 

 また、この狂犬病は、「4類感染症全数把握疾患」にも認定されており、診察した医師は即座に届けなければならない程、かなり危険な病気でもあるとのことですね。

 

 それから、先述したように、発症してしまうとほぼ100%の確率で亡くなってしまうという怖い病気のようですが、いずれにしても、まだ明確な治療法は見つかっていないとの事です。

 

 以上のことから、この狂犬病はとにもかくにも予防が大事だという事になりますので、以外に軽視しがちな狂犬病注射というのは、必ず必要になってくるという訳なんですね。

 

 ”自分の周りで狂犬病になった犬なんて聞いたことが無いから大丈夫でしょ~”なんて、無責任な事は言っていられないのです。

 

犬と人との具体的な狂犬病の症状の違いって何なの?




 

 さて次に、犬と人間との、具体的な狂犬病の症状の違いについて、詳しく調べた結果をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 まず、犬については、感染後およそ2週間~3か月程度で、狂犬病を発症すると言われています。その具体的な症状としては、前項でお伝えした通り、食事を摂らなくなったり無駄吠えをしたり、その他にも、無意味に歩き回ったり柱や壁を噛むといった、問題行動を取るようになるそうです。

 

 また、中には水を怖がったりする犬もいるようですが、どちらにせよその後は、脳に麻痺が始まって舌を引っ込める事が出来なくなったり、更には平衡感覚が無くなって、真っ直ぐ歩く事が出来なくなるようです。

 

 そして、最後は昏睡状態に陥り、ほぼ100%の確率で亡くなってしまうようですね。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

 次に、人の場合ですが、こちら感染から発症するまで、おおよそ1ヶ月~3ヶ月程度と言われていますが、これについては傷口の大きさや侵入してきたウイルスの量により、潜伏期間が異なってくるようです。(数年先に発症するケースなどもあるようです。)

 

 また、その具体的な症状としては、頭痛や発熱、嘔吐や知覚過敏などが不定期に繰り返されて、それと同時に、不安感や痙攣(けいれん)、幻覚などが引き起こされる事もあるそうです。どちらにせよ、侵入してきたウイルスが身体の細胞を破壊し、更に高熱を引き起こした後に、他の臓器にまで影響を与えると言われています。

 

 また、前項でお伝えした、「恐水症」と呼ばれる症状なども現れる場合もあるようです。この病気は、喉が異常に乾く為に水分を補給しようとすると、喉に痙攣が起きて水を飲むのが恐くなるという病気ですが、今度は水分を摂る事を諦めると、脱水症状になる為、非常に危険な病気でもあるようです。

 

 話を戻しまして、この他にも「恐風症」という症状などが出てくる事もありますが、こちらについては、風が顔に当たると、その部分が痙攣を起こしてしまう病気とのことです。なので、風に対して強い恐怖を感じて、避けるようになってしまうようですね。

 

 以上、これらのような症状が続くと、やがては犬と同じように意識障害(昏睡状態)や呼吸不全に陥り、最後はやはり犬と同じく亡くなってしますようです。


スポンサーリンク

 

日本における狂犬病の発生する危険性や現状について




 

 さて、このように狂犬病はとても恐ろしい病気であるという事が分かりましたが、最後に、こちらも気になる「日本でも感染する恐れがあるのか?」という部分について、調べた結果を詳しくご紹介させて頂きます。

 

 まず、始めに知って頂きたいのは、日本では1957年に猫が感染して以来、人間・動物共に、その感染が確認されていないという事です。これは、1950年に「狂犬病予防法」が制定されて、予防注射の接種が義務化された事が大きいようですね。

 

 ちなみに、1970年にネパール、そして2006年にフィリピンから帰国した方が、それぞれこの狂犬病を発症してお亡くなりになったようですが、その際、日本国内での感染報告例は無かったとのことです。

 

 という訳で、このように日本では、半世紀以上も狂犬病の感染例が報告されていないということになりますが、でも全くの安全という訳ではありません。

 

 あくまでも、現状、発症例が報告されていないというだけなので、今後感染者が出てくる可能性もあります。そういった事も踏まえると、全くリスクが無いとは言い切れないのです。

 

 特に、海外に渡航される機会が多い方などは、その辺で飼われている犬が、必ずしも予防注射を受けているとは言えませんので、日本にいる時のように、気軽に撫でたり不用意に近づくのは危険かもしれませんね。

 

 あとは、海外に行かれる際は、事前に予防接種を受ける事も大切です。ちなみに、人間が狂犬病によって亡くなった例のほとんどが、アジア・中南米・アフリカですので、こちらの地域に行かれる場合は、渡航の数か月前までに、必ず予防注射を受けられる事をお勧めします。


以下クリックで拡大出来ます。


出展 厚生労働省公式ホームページ/狂犬病に関するQ&Aについて

 

 ちなみに、以下のサイトは、この記事を書くにあたって参考にさせて頂いたり、狂犬病のワクチンに関して詳しく書かれたサイトなので、お時間のある方は、ぜひこちらも併せてご覧頂ければと思います。


スポンサーリンク

 

狂犬病の基本知識や犬と人との症状の違いと現状-終わりに-

 

 さて今回は、そもそも狂犬病とは何ぞや?という部分を始めとして、その他にも、犬と人との症状の違いや、日本で発症する可能性はあるのか?といった気になる部分について、詳しく調べてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 とにかく、このように狂犬病というのは、一度発症してしまうと生命の危機にさらされてしまうので、やはり事前知識を得るという事は、かなり大切なことだと思いました。

 

 ちなみに、この狂犬病ですが、日本ではある程度予防接種が程度徹底されているので、発症する確率は限りなく0に近いようですが、でもやはり、我々飼い主の責任として、毎年キチンと狂犬病の予防接種は受けさせたいものですね。

 

 それが、自分の大切な愛犬だけでなく、更には、他の方が飼われている大切なワンちゃんや、人間の命をも守る事になります。

 

 それと、この他にも、先程お伝えした通り、海外でのリスクなども考えないといけません。その為には、渡航する人間自身も予防接種を受けた方が良いですし、尚且つむやみに動物に触れることはしない方が良いですね。どちらにしても、十分な対策は必要かと思います。

 

 ちなみに、もしも、海外で実際に犬に噛まれる等の被害に遭った場合は、直ぐに流水で洗い流し消毒をして下さい。その後に必ず病院に行ってくださいね。

 

 という訳で、今回はちょっと長くなってしまいましたが、以上で狂犬病に関する記事を終了させて頂きたいと思います。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 ラストに、実際に狂犬病にかかってしまった犬の動画を発見しましたので、最後にこちらをご紹介させて頂いて、今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 これは、見るだけでも大変辛い映像ですが、狂犬病の恐ろしさを知ることが出来る映像でもありますので、明日は我が身と思いながら、ぜひご覧ください。(YouTube/フィリピン農園だよりさんの動画より)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。