犬の躾で褒める叱るの使い分けは? 興奮を抑える方法は?


このページは約8分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、画面の前の皆さんは、犬の躾(しつけ)と言うと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

 実際に飼われている方などは、経験者なので、”大変!”、あるいは”そんなに手がかからないかな?”など、様々かと思います。

 

 ちなみに、犬というのは幼少期にしっかりと愛情を持って躾なければ、後々飼い主の言うことを聞かない問題犬になってしまう可能性もあるとの事ですから、注意が必要ですよ!

 

 ですが、犬の躾と一口に言いましても、全てが思い通りに行くという訳では無いですし、よく分からない事もありますよね。

 

 そこで今回は、を正しくける為の重要なポイントとして、褒める又は叱るタイミングなどについて、詳しく調査してみることにしました!

 

 また、犬が興奮して吠え続けたりした時の対処法などについても、併せてご紹介させて頂きますね^^ それではどうぞ!

 

1.犬の躾としての上手な褒め方や叱り方とは?




 

 さて、それではまず、犬に正しく躾をする際に重要な、上手な褒め方や叱り方についてご紹介していきます。

 

 ちなみに、躾をする上で一番重要なポイントとしては、第一に犬にとって分かりやすく接することです。なので、飼い主側の表現の仕方が重要になって来るということになりますね。

 

 それと、叱る際は、可愛いからといって曖昧な表現で接したり、優しい言葉や態度で叱ったりしても、犬は褒められていると勘違いしてしまうので注意が必要です。

 

 また、感情的に怒ってしまってばかりいると、今度は逆に犬が恐怖を感じてしまい、飼い主に懐くことはなくなります。そうなってしまっては、双方ともに悲しい思いをしてしまいますね。

 

 ですので、しっかりとメリハリをつけて褒めたり叱ったりすることが大事なんですね。という訳で、さっそく今からその詳細について見て行きましょう。

 

 では、まず始めに、正しい褒め方について、調べた結果をいくつかポイントを合わせながら、ご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク

 

1-1.褒められるべき行為をした時に褒めてあげる

 

 さて、まず最初は「褒められるべき行為をした時に褒めてあげる」ということですが、これはどういう事かと言いますと、犬がちゃんと言うことを聞いてくれた時に、すぐに飼い主が褒めてあげるということです。

 

 なので、犬がキチンと指示を聞けた後に、飼い主の所に来て顔を舐めたり、飛びかかってきたりしたとして、その時に飼い主が褒めてもタイミングが遅いようですね。

 

 これは何故かと言いますと、犬からしてみると、褒められるべき行為と同様に、顔を舐めることや飛びかかることも、飼い主が喜んでくれていると勘違いしているからです。

 

 ですので、お利口さんだった時は、その事がピンポイントで分かるように、すぐに褒めてあげる事が必要だという訳なんですね。とにかく、犬のやることに対して細かく対応してあげて下さい。

 

1-2.褒め方は言葉・スキンシップ・ご褒美の3つが基本

 

 これも犬を飼われている方にとってはもはや常識ですが、筆者が今回調査した中で一番多かった意見としては、飼い主の言うことをキチンと聞いた後は、少しくらい大げさに褒めてあげても良いということです。

 

 例えば、褒める時に言葉だけでなく、笑顔と一緒にめいいっぱい頭をなでたりして、感情を伝えたりするのが良いという具合ですね。(飼い主が撫でたりなどスキンシップする事によって、犬がリラックスする効果もあるとの事なので、やはり非常に大事です。)

 

 それと、ご褒美は主におやつを与えることが多いかもしれませんが、あまり与えすぎると、今度は貰えないと分かってしまったら、急に言うことを聞かなくなる可能性もあるそうなので、その辺にも注意が必要です。

 

 ですので、飼い主が褒める際は、「言葉だけ」・「スキンシップだけ」・「言葉とおやつ」・「スキンシップとおやつ」みたいに、いろんなバリエーションを増やしてあげると、”次はどんな褒め方をしてくれるかな?”と、犬の方が期待してくれるんだそうですよ!^^

 

 なので、愛犬を褒める際は、ぜひこの辺を参考にして見て下さいね♪


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

1-3.犬を叱る時は決して感情的になってはいけない

 

 さて次に、犬を叱る際のポイントなどについても、ご紹介させて頂きますね。まず、実際に犬を飼っていると、ついつい犬がやらかしてしまったことに対して、感情的になってしまうことがありますよね。

 

 ですが、こと犬にとっては、遊んでいる最中に物を壊してしまったとか、周りの注目を集めたいとか、その程度の理由なので、出来るだけ感情的にならず冷静に叱る必要があります。

 

 ですので、やってはいけないことをしたら、すぐに毅然とした態度&低い声で注意をします。それで、犬が反応して行為を止めたら、止めた事に対して褒めてあげて下さい。

 

 それでも止めない場合は、無視をすると良いそうです。これは飼い主にとって辛いことですが、犬にとっても辛いですよね。そうすることで、反省した姿を見せたら、すぐに愛情を持って接してあげるようにすると良いそうです。

 

1-4.犬には絶対に体罰は与えず天罰だと思わせる!?

 

 さて、筆者が子供の頃は、近所のおじさんが犬に対して言うことを聞かない時には、頭を叩いたりしていた記憶がありますが、現在はそういった躾をすることは、当然ながら好ましくありません。

 

 それでも、犬が飼い主に飛びかかってきたり、吠えるのを止めないなどの困った行為をした場合は、一体どうすれば良いか困りますよね。そんな時は、体罰を与えずに、天罰だと思わせるようにしてみて下さい。

 

 例えば、犬が飼い主にいきなり飛びかかってきたとして、その際に犬は飼い主の方(顔)に目がいっているので、その時に犬の後ろ脚を軽く叩いてみると良いそうです。(あくまでも軽くです。)

 

 そうすることで、犬は誰が叩いたのか分からなくなり、”人に飛びかかることで何らかの衝撃が来る”というネガティブな記憶が刷り込まれますので、突然飼い主に飛びかかってきたりしなくなるそうです。

 

 後は、お散歩中に、例えば他の犬を見て犬が吠え止まない時などの場合などありますよね。こういった場合、よく知られている方法で、手綱を横に引くという方法がありますが、その他にも効果的な方法として、犬と同じ方向を向いている時に、遠い方の足(犬が右にいれば左足)をクロスして、後ろ足を突くようにすると良いそうです。

 

 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、要するにおそ松くんのイヤミの「シェー」の逆版のような感じです。(シェーは前に足を折り曲げますが、これは後ろに折り曲げます。犬からは突いた足は見えません。)

 

 すると、犬の意識がリセットされるようですね。(それでも鳴き止まないような犬の場合は、その対象の犬を見せないと良いそうです。具体的には、相手の犬が見えないように、飼い主さんが犬の前に多い隠すように座ると良いそうです。)

 

 ちなみに、そうした後にキチンと大人しくなったら、また褒めてあげるとかなり効果が出るようですよ^^


ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せ に暮らす方法55

 

2.犬の興奮を抑えるにはどうすれば良いの?




 

 さて、これまでは、犬を躾する際の正しい叱り方や褒め方について、調べた結果をご紹介して来ましたが、最後に犬の興奮を抑える方法などについても、合わせてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 ちなみに、犬というのは、飼い主さんの事が大好きすぎて、興奮したり走り回ったりする時もありますよね。今回の方法は、そんな時にも有効な方法なので、ぜひ参考にして見て下さいね^^

 

 とにかく、幼少期の頃からちゃんとしつけをすると、静かにおすわりして待ってくれたりするようになるとのことですので、子犬を飼われている方は、すぐにでも実践して見て下さい。

 

 という訳で、今から具体的な方法をお伝えさせて頂きますが、これは何も難しい事はありません。「お座り」と「待て」を上手に使うだけなんです。

 

 最初の内はほんの数秒かもしれませんが、徐々にその時間を長くして行き、そして尚且つ、ちゃんと待てを出来た時には、すぐに大げさに褒めてあげて下さい。

 

 そうすることで、犬も”静かに待つことができた時に、褒められたりおやつが貰えるんだ”と分かるようになります。そうなれば成功です^^

 

 ちなみに、この方法は単純ながら最も犬の自制心を養うのに効果があるようですよ! 飼い主さんも飼い犬がお利口になれば、気が楽になると思いますので、一石二鳥ですね!


スポンサーリンク

 

犬の正しい叱り方や褒め方についての記事-終わりに-

 

 さて今回は、犬の正しい躾としての褒め方や叱り方のポイントや、興奮を抑える方法などについて調べてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 このように、やはり褒める時も叱る時も、タイミングを間違えないようにする事が非常に重要だという事が分かりましたね。そこを間違えてしまうと、犬との意思疎通がキチンと図れなくなりますし、躾するに際にも大変になってきます。

 

 また、愛犬を叱らなければいけない時も、非常に辛いですが、その分ちゃんとできた時にはしっかり褒めてあげましょう。そうすればちゃんと犬にも愛情が伝わるはずです。

 

 という訳で、今回は少々長くなりましたが、以上これにて終了します。最後までご覧頂きありがとうございました!^^

 

 犬を落ち着かせる為の、リラックスポーズについて解説している動画を発見したので、こちらをご紹介させて頂き、今回の記事の締めとさせて頂きます。興奮した時にとれる対応として、ぜひ参考にして見て下さい。(YouTube/井上哲之犬の動画さんの動画より)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。