犬と一緒の墓参りってOKなの? マナーや注意点は?


このページは約8分で読めます。


 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、画面の前の皆さんは、お墓参りの際に愛犬を連れて行きますか? もちろん、お寺や霊園によって色々と違うので、そのケースによって合わせることになりますね。

 

 筆者も気になりましたので、その辺についてサクッと調べてみたのですが、やはりペットをNGとしている所が結構ありました。その理由としては、他の参拝客への配慮だったり、糞尿の問題が大きいようです。

 

 確かに、犬が墓地で吠えたり排泄したりすると、何かと周囲に迷惑をかけてしまいますからね。ですが、そんな中でもペット同伴がOKな所もあるので、やはり正しいマナーやルールなどについて、きちんと知っておきたい所です。

 

 そこで今回は、と一緒にお墓参りをする際の、マナーや注意点などについて、詳しく調べて見ることにしました! これをしっかりと守れば、周囲の方々にも迷惑をかけることもありませんので、ぜひ最後までご覧下さいね^^ それではスタート♪

 

犬と一緒に墓参りへ行く際のマナーや注意点について




 

 さて、それではまず、愛犬と一緒にお墓参りに行く際の、マナーや注意点などについて、詳しく調べた結果を今からご紹介させて頂きたいと思います。

 

 まず始めに、先程お伝えしたように、ペットの入園を禁止しているお寺や霊園は各地で必ずありますので、実際に”愛犬も連れて行こうかな?”と思った際は、事前に連絡をして確認を取るようにしましょう。

 

 故人が生前に可愛がっていた愛犬が来てくれたら、間違いなく喜んでくれるでしょうが、いざ行ってみたら入園を断られたということの無いようにしたいですね。

 

 また、入園がOKの所でも、やはりペットを飼われていない方にしてみたら、犬が吠えていたりすると鬱陶しく感じたりしますから、なるべく周囲の方々に迷惑をかけないように、普段から無駄吠えをしないなど、しっかりとした躾をすることが必要となります。

 

 特に、お墓には食べ物などが供えられているため、絶対に他人様のお供え物を食べさせないようにすることが必要です。また、移動する際もリードでしっかりと繋いで、他の方に迷惑がかからないようにしなければいけませんね。

 

 そして、トイレの際にもエチケット袋を用意するなどして、排泄物をきちんと処理出来るようにしましょう。(まぁここら辺は、普段の散歩と同じですので、特に問題はないかもしれませんね^^)


スポンサーリンク

 

 話を戻しまして、いくらペットの入園がokなお寺や霊園でも、混雑する時期はなるべく車内から出さないといった配慮なども必要です。具体的には、お盆の時期などですね。

 

 このお盆の時期は、かなり多くの方がお寺や霊園に来られるため、なるべくトラブルを避けるために、車内から出さないといった配慮も必要です。

 

 なので、やむなくお留守番をさせる際は、必ず誰か1人は車内に残るようにして、尚且つ真夏は高温になりますので、エンジンをかけてクーラーを利かせた状態にしておきましょう。(交代でお参りすることも考えられますね。)

 

 という訳で、これまで紹介してきたことは、見て分る通り、結構常識的なことばかりなのでそれほど難しくはないのですが、でも逆に言えば、こんな簡単な事を守る事が出来ない方が中にはいらっしゃるので、お寺や霊園側がペットNGにしてきたという経緯があるようですね。

 

 それに、周囲の人間から”なぜ、こんなところに犬を連れて来ているの?”と思われることもあるみたいです。

 

 まぁそこには、「犬を墓参りに連れてきてはいけない」という昔気質な考え方や、宗派によって犬が人間より低い身分にあるという考えなどが背景にあるようですが、いずれにしても、これ以上状況が悪くならないように、出来るだけマナーは守っていきたいところですね。

 

以下オススメの記事


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

全国の犬の霊園情報は? 墓石はどのようなものがある?




 

 さて、ここまでは、犬を連れてのお墓参りのマナー全般についてお伝えしてきましたが、ここからは、せっかくなので、お墓関連の情報として、犬の霊園や墓石情報などについて、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 実は、人の入るお墓にペットの遺骨を入れる事は、特に問題は無いようですが、でもお寺や霊園によっては、受け入れ不可能という所もあります。なので、そんな時は「ペット霊園」を利用する事になります。

 

 まず、このペット霊園は、人間と同じように供養できる場所などもありますので、そこを利用される方も結構いらっしゃるようですね。また、ペット霊園には主に2種類ありまして、「個別墓地」と「合同墓地」があります。

 

 まず、前者の「個別墓地」は、その名の通りそのペット単体のお墓です。料金に関しては、それぞれ異なりますので一概には言えませんが、一般的な相場としては10万円程度と言われているようですね。

 

 また、「合同墓地」については、永代供養を含めて受け入れてもらえるようですが、料金は犬の大きさによって変わってきて、だいたい1~3万円位と言われているようです。

 

 まぁでも、ここいら辺は、やはりその場所によって多少変動して来るかと思いますので、詳しいことは霊園に直接ご確認頂ければと思います。(一応、全国のペット霊園を紹介しているサイトを何個か発見したので、気になる方は以下をご覧ください。)

 

 関西のペット霊園ならここがオススメ!


大切な家族の一員を安らかな場所で眠らせたい。樹木葬専門 【アンデルセンペット霊園】

 

 それと、この他にも、例えば一軒家にお住まいの方など、中にはお庭を利用して愛犬のお墓を建てられる方もいらっしゃるようです。(筆者的にはこれが理想ですね。)

 

 その際のポイントとしては、方角は南向きで、あまり人が立ち入らない場所が向いているとされているようですよ。

 

 ちなみに、ペットのお墓(墓石)情報としては、以下のようなサイトがあります。ここはペットのお仏壇や仏具情報など充実していますよ!


1,980円からお求めいただけるペットのお墓【こころ工房】

 

 また、以下の一覧を見てみると、マンションにお住まいの方やお庭のスペースに余裕が無い方など向けに、リビングタイプの墓石などもあるようです。

 

 これだと、場所もそれほど気にせずに置くことが出来ますし、尚且つデザインなども選べますので、希望に沿った物をお墓を作って貰えそうですね^^

 

 まぁ愛犬が亡くなった後の事を、今から考えるのは時期早々な気もしますし考えたくもありませんが、でも事前にリサーチしておいて損は無いと思いすので、ぜひご覧になって見て下さい。

 

 いずれにしても、ペット用のお墓というのは様々な種類がありますので、飼い主さんのご希望に沿った形で選んで頂ければと思います。


スポンサーリンク

 

犬連れで墓参りに行く際のマナーやルール-記事の終わりに-

 

 さて今回は、愛犬と一緒にお墓参りをする際のマナーや注意点など、守らなければいけないことについて、いくつか調べてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 とにかく、まずはそのお寺や霊園によって、ペットが大丈夫かどうか確認することが重要ですので、必ず連絡をするようにしましょう。

 

 また、ペットのアレルギーをお持ちの方なども、中にはいらっしゃるかと思いますので、出来るだけ周りに迷惑のかからないように、服を着せて毛が飛ばないなどの対策などもしたいところですね。

 

 そして、むやみに吠えたり興奮したりする可能性もありますので、その際にどうするかなど、事前に考えられるトラブルを洗い出しておいて、その対策法なども考えておく事も重要です。(例えば、犬が騒いだ場合、車内に戻るべきか? その際は誰が?などといった具合です。)

 

 さらに、こちらは先程もお伝えしましたが、霊園内を歩く際は、必ずリードを付けるようお願いします。これって当たり前のことですが、中には放して歩かせるような非常識な方もいらっしゃるようなので…^^;

 

 いずれにしても、「犬を墓地につれて行く際は、なるべく他の方々に迷惑をかけない」といった事を念頭に置いて、責任を持って行動するようにしましょう。という訳で、今回はこれにて終了します。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 ラストに、愛犬と一緒にお墓参りをしている動画を発見しましたので、こちらをご紹介させて頂いて、今回の記事の締めとさせて頂きます。こちらは、最初こそ興奮気味でしたが、お墓の前ではきちんとお利口でした^^

 

 それに、ワンちゃんが興奮してリードが外れてしまうといったアクシデントがありましたが、飼い主さんがしっかりと対応されていました。参考がてらご覧頂ければと思います。(YouTube/mariokart7entakaさんの動画より)


スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。