愛犬が生肉を食べた(食べてしまった)けど大丈夫? 下痢の心配は?


このページは約7分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーガールです。さて皆さんは、愛犬に生肉を食べさせた経験はありますでしょうか? まぁタイトルを見てこの記事を読まれている方や、「ふとした拍子に犬が食べてしまったよ…^^;」という方などは、”無い”という方の方が圧倒的に多いと思いますが、やはりどちらにしても心配になりますよね。

 

 ちなみに、サラッとネット上を見てみたら、”生肉を与えると長生きする”というような情報を目にしたりしましたが、実際のところどうなのでしょうか?

 

 まぁでも、よくよく考えてみると、犬は元々狼から進化した動物ですので、別に問題は無いのかな~?とも思います。これは何故かと言いますと、肉食動物だからですね。

 

 しかしながら、現代のワンちゃんは、犬専用のドッグフードやおやつなどを常に食べている訳ですから、その辺を踏まえると、”やっぱり別問題かも?”と捕らえてしまう自分がいるのも事実です。

 

 そこで今回は、その辺をハッキリとさせるべく、生肉を食べた(食べてしまった)けど大丈夫なのか?という部分を始めとして、その他にも、下痢の心配はない?という部分について、詳しく調べてみる事にしましたよ!

 

 この記事を読んで頂くと、犬と生肉の関係性について良く分かると思いますので、ぜひ最後までご覧下さいね^^ それではスタート!

 

犬が生肉を食べたけど大丈夫なのか? 食べるメリット!?




 

 さて、それではまず、愛犬が生肉を食べてしまったけど平気なのか?という部分について、詳しく調べた結果を今からお伝えしたいと思います。(これを読むと、生肉に対する疑問について一気に解決出来ると思いますので、是非読み飛ばさずにご覧下さいね^^)


スポンサーリンク

 

 という訳で、早速その疑問について調べてみた所、こちら個体差にはよりますが、「基本的に犬は生肉を食べても問題は無い」ようです。つまり平気という訳ですね。

 

 その理由としては、犬の先祖である狼の頃から、消化器官自体に変化は無いと考えられていて、生肉や内臓を食べても別に支障は無いとされているからのようです。

 

 なので、現代のようなドッグフード中心の食生活を送っているワンちゃんでも、特段気にする必要は無いそうですね。それに、ドッグフードと違い歯を使って噛む事で、”早食いの防止”にもなると言われているようですよ(゚д゚)

 

以下オススメの記事

 

 それと、生肉を食べるメリットというのもいくつかありまして、まず「豊富なビタミンやミネラルを摂取する事が出来る」という事が挙げられます。これは、ドッグフードのように余分な添加物が入っていないので、良質な栄養素やたんぱく質を取り入れらる事が出来るとの事ですね。

 

 また、生肉というのは、他の物に比べて消化・吸収がし易いようで、その事から「肥満解消に繋がる」とも言われているようです。これについては、少ない量で必要最低限のエネルギーを摂取出来るので、カロリー計算がし易いという意見などもあるようですね。

 

 それから、生肉から良質な脂質やたんぱく質などを得られる事で、「毛艶や肌艶が良くなった」という意見などもあるようです。(それに、肌艶だけでなく、アレルギーの改善にも役立つと言われているようですね。)

 

 という訳で、気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 通常のドッグフードに少量の生肉を加えて、食べさせ始めてみるのも良いかもしれませんね^^


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬が生肉を食べてしまったが下痢などの心配は? 注意点は?




 

 さて次に、愛犬が生肉を食べてしまったけど下痢の心配があるのか?という部分や、注意点などについても詳しく調べてみましたので、その辺を今からお伝えさせて頂きたいと思います。

 

 まず始めに、犬が生肉を食べる事で下痢になってしまう心配はあるか?についてですが、こちら“最初の内”は下痢や軟便になる可能性もあるようですね。

 

 ただ、これに関しては、決して生肉が悪いという訳ではなく、いきなりいつもと違う食べ物を入れる事で、胃腸が驚いてしまうからだと考えられているようです。

 

 なので、前項でお伝えしたメリットを考慮して、”我が愛犬にも一度試しに食べさせてみようかな?”と考えられている方は、なるべく最初の内は少し肉を加熱してみたり、炙ってから食べさせると良いようですね。そうして、少しずつ肉に慣れさせる事で、徐々に克服出来るようですよ!


スポンサーリンク

 

 話を戻しまして、生肉を実際に与える際には、実はその他にも注意点がありまして、それは何かと言いますと「アレルギー反応が出ないかどうか」という部分です。これ一番重要ですね。

 

 なので、もしも愛犬に生肉を与えてアレルギー反応が出るようでしたら、食べさせない事が一番です。食べさせ始めて何らかの症状が出たような場合は、やはりいくら身体に良いとは言っても、止めるべきですね。

 

 また、生肉といっても、スーパーで売られているようなお肉を与えるのではなく、「馬肉や鹿肉などの清浄肉」を食べさせないといけないようです。

 

 これは何故かと言いますと、人間が食べる用の豚肉や牛肉というのは、基本的に加熱調理を前提としているからですね。なので、この辺にも気を付けて下さい。

 

 それと、生で食べる物という事で、「保存方法」などにも気を配らないといけません。特に、生鮮食品というのは、冷蔵庫で保存しても2~3日しか持ちません。”冷凍保存するから…”と言っても劣化の問題があるので、それはそれでまた難しい問題でもあります。(まずけりゃ食べませんからね^^;)

 

 また、「コスト面で割高になる」いう事も、頭に入れておかなければいけないでしょう。やはり、通常のドッグフードよりも量換算で考えると高いですので、例えば2~3日に1回の生食にするとか、今までのフードに少し生肉をトッピングしてみるとか、工夫をしながらあげると良さそうですね。

 

 それから、「骨を食べさせない」という事も重要です。これは、イメージ的に”別に犬に骨を与えても平気なのでは?”と考えられておられる方もいらっしゃるかとは思いますが、飲み込む事で臓器に刺さる危険性があるからです。

 

 なので、実際に愛犬に対して生肉を食べさせる際には、骨付きで無い部分を与えるか、骨がある場合はしっかりと削ぎ落としてからあげて下さい。

 

 また、この他には、特にシニア犬の場合は、急に生肉を食べさせる事で、体に負担が掛かるケースもあるようなので、あまりお勧め出来ないそうです。

 

 という訳で、以上が犬が生肉を食べた時の下痢の心配や注意点についてですが、いずれにしても、前項でお伝えしたメリットとここでの注意点を踏まえながら、取り入れるのがベストでしょう。もしも悩んだ際には、一度掛かりつけの獣医師さんに相談してみるのが一番ですね。


スポンサーリンク

 

犬が生肉を食べても平気かや下痢の心配等についての記事-終わりに-




 

 さて今回は、愛犬が生肉を食べた(食べてしまった)けど大丈夫なのか?という部分を始めとして、その他にも、下痢等の心配や注意点などについて、詳しく調べた結果をお伝えさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 という訳で、犬が生肉を食べても平気という事だけでなく、食べる事で栄養面や健康の維持といった面で、かなり適した物であるという事が分かったので、興味のある方は注意点などに気を付けながら、一度取り入れてみてはいかがでしょうか?^^

 

 ただ、先程もお伝えした通り、いきなり食事内容を変えてしまうとワンちゃんにとっても良くないので、まずは普段あげているドッグフードに少量加えてみたり、定期的に生肉を食べる日などを決めてあげる事をオススメします。

 

 いずれにしても、ワンちゃんにとって健康的な食生活になるのが一番ですね! そうなるように願いながら、以上、今回はこれにて記事を終了したいと思います。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 ラストに、犬に生肉を与えている方の参考動画を発見しましたので、こちらをご紹介させて頂いて、今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 この動画を見ると、ワンちゃんがしっかりとお肉を噛んで食べているのが分かりますね^^ 是非ご覧下さい! それではまた会いましょう! (YouTube/Kai Ken Yamatoより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。