犬用ベッドの人気商品は? ソファーからドームまで紹介! 手作り?


このページは約8分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、筆者の家では、ミニチュアダックスフンドを屋内で放し飼いにしているのですが、夜になると、最初はどうやって寝かせれば良いのか分からずに、困っていました。

 

 という訳で、見よう見まねで、適当な大きさの毛布をカゴの中に敷いて、夜になるとそこに入れてたのですが、元気があり余って中で暴れて、果てはそのカゴを倒して出てきてしまったり…。とにかく嫌がっていたようです。^^;

 

 やはり、失敗の要因としては、毛布を敷いていたとはいえ、カゴは周りが硬いですから、今にして思えば、居心地が悪かったんでしょうね。

 

 ちなみに、その後、毛布の下にビーズクッションを入れ、周りもタオルでコーティングしたところ、だいぶ気持ちよさそうに眠ってくれるようになりました。

 

 ですが、いつまでも寝る場所がカゴという訳にもいきません。なので、最近は”ちゃんとしたベッドを用意してあげたいな”とも、思いはじめました。

 

 とはいえ、ソファータイプのベッドに始まり、かまくらのようなドーム型のベッドなんていうのもあるみたいですし、中には手作りで見事なベッドを作っている方もいらっしゃるみたいで、一体どうすれば良いのか迷いますね。

 

 そんな訳で今回は、ベッドについて、市販のタイプ別の人気商品はどのような物があるのか?という部分を始めとして、その他にも、もしも手作りする場合はどうしたらよいか?という部分について、アイディアやヒントなどをまとめて見ることにしました。それでは、スタート!

 

犬用ベッドの人気商品7選! カドラー ソファー ドーム




 

 という訳で、まずは、市販の犬用ベッドの人気商品について、詳しく調べてみました。で、その中でも、筆者が”これはいい!”と思った商品を、今から7つほどご紹介させて頂きますね。^^

 

 ちなみに、それぞれに特徴がありますので、”市販の物を買ってあげようかな?”と思われている方は、ぜひ参考にしてみてください! それでは早速見て行きましょう♪

 

1.ブラックPVCレザー・ペットソファ

 

 さて、まず最初にご紹介するのは、オーソドックスなカドラータイプですが、こちら見ての通りレザー仕上げで高級感があります。ワンポイントの肉球マークも可愛いですよね。^^

 

 それと、内側のジープ調記事がモコモコしていて暖かそうですし、下に敷いてあるクッションなども、かなり肉厚で手触りも良さそうです。

 

 そして何よりも、色が黒なので、インテリアデザインにもマッチするのではないでしょうか? これは要チェックですね♪

 

2.ホットドッグベッド

 

 さて、お次はちょっと変わり種。この形はどこかで見たことがあるような……。そう、細長いパンと、レタスのような緑色といえば、「ホットドッグ」ですよね。(そのまんまですがw)

 

 犬が中に挟まると、まさしくホットドッグ! 「愛犬が温かく過ごせるように」という意味も、込められているのではないでしょうか?^^ そのユーモラスなルックスから、SNSやメディアでも取り上げられ、一躍人気商品となったようです。

 

 ちなみに、パンにソーセージが挟まれたものが、「ホットドッグ」と呼ばれるようになったのは、その見た目がダックスフンドに似ていたからだそうですよ!

 

 当初は、「レッドホッド・ダックスフンドソーセージ」と呼ばれていたようで、そこから簡略化されホットドッグとなったようです。(決してワンコの肉が使われているからではありません…。^^;)

 

 そして、その他にも、ソーセージがちょこっとはみ出たルックスが、犬が暑いときに舌を出している姿に似ていることから、ホットドッグと呼ばれたという説などもあるようですね。

 

3.ふわふわラージマット

 

 さて、3つ目にご紹介するのは、シンプルながら工夫の凝らされた「ふわふわラージマット」です。こちらは見ての通り、肉厚のロングマットですね。

 

 ちなみに、中のクッションはポリプロピレン製で、コシのある綿がいっぱいで寝心地も抜群とのことですよ!

 

 それに、カバーは表と裏で仕上げが違い、季節によって温かい起毛素材と、肌触りの良いベロア素材を使い分けることが出来るそうです。(他にも、洗濯が簡単なのも、飼い主としては嬉しいですよね。)


スポンサーリンク

 

4.ぬくふかドーム

 

 さて、4つ目にご紹介するのは、ドーム型ベッドの「ぬくふかドーム」です。こちらフカフカのマットが寝心地抜群とのことですよ! それに、奥行きがあって保温性も高く、冬場でも温かく眠ることが出来そうですね。^^

 

 ちなみに、丁寧に扱えば型崩れせず、手洗いなら自宅でも洗濯出来るとのことです。なるほど。いちいちクリーニングに出すのは面倒ですし、自宅で洗濯が出来れば衛生的にも安心できますよね。^^

 

5.くまのプーさん・ハニーポットカドラー

 

 さて、5つ目にご紹介するのは、ディズニー・くまのプーさんの、丸型「ハニーポットカドラー」です。こちら見ての通りプーさんのクッション付きですので、ファンにはたまりませんね♪

 

 それに、とにかく見た目が可愛いですし、かなり肉厚な感じがしますので、寝心地なども良さそうです。(ちなみに、こちらについても手洗い出来るとのことですよ!)

 

6.プリティブーケ・ストライプドライブカドラー

 

 さて、6つ目にご紹介するのは、ストライプ柄のカドラーです。こちら何といっても、車のシートに設置出来るというのが良いですね。

 

 しかも、窓から飛び出したりしないように、ストラップなども着いているようです。(よく見ると、同じ柄の骨型のおもちゃなどもありますね。)

 

 なので、愛犬と一緒によく車でお出かけなどをされる方は、こういったものを検討して見ても良いかもしれません。^^

 

7.ラグジュアリーペットベッド

 

 さて、最後にご紹介するのは、まさに人間のベッドのような「ラグジュアリーペットベッド」。これはかなり可愛いですね~!

 

 ちなみに、柄は画像の通り、ゼブラ柄とレオパード柄(ヒョウ柄)の2種類があります。メタルフレームと真ん中にある肉球マークが、高級感を演出していますね。^^

 

 それに、かなりふわふわしているので、これならワンコも熟睡してくれそうです。(しかも、アウトレット品とのことで、今なら何と税込4,298円で買えちゃいますよ!)


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬用のベッドを手作りしたい! 作り方のヒントは?


以下Twitterより参考画像入りツイートを引用

https://twitter.com/Lily_030301/status/828147756493516800

 さて、愛犬家の中でも、ハンドメイド好きの方になると、「犬用のベッド位なら簡単に手作りしてしまう」という方も中にはいらっしゃるようです。

 

 確かに、クッションを作ると思えば、そう難しくないのかもしれませんが、それにしても凄いですよね。という訳で、ここでは、いくつかネット上で見つけた、「犬用ベッドの作り方」のヒントをご紹介します。

 

クッションを何個か並べてくっつける

 

 まず、一番簡単な作り方としては、何個かクッションを買ってきて、それを縫い合わせてくっつけてしまうという方法があるようです。

 

 最近では、百円ショップに行けば、100円とは思えないような、さまざまなクッションが売られています。なので、犬の大きさを考慮して、クッションをいくつか買い求め、そこから縁と縁を縫い合わせれば、居心地の良いベッドの出来上がりという訳ですね。

 

 まぁ、ハンドメイドの達人のような出来には中々ならないかもしませんが、それでも一点ものということで、楽しんで作ってあげられそうです。^^

 

夏はデニム生地で冬は起毛素材のカバーを

 

 さて、犬は肉球以外あまり汗をかかないので、体温調節が上手くできません。ということは、夏の暑い夜は、人間以上に寝苦しいくなるという可能性なども出てきます。

 

 ちなみに、通常の犬用ベッドのように、保温性の高い起毛素材だと、夏用としては暑すぎて向かないこともありますよね。そこで、デニム生地を使うという方法があるようです。

 

 このデニム生地は、吸湿性と通気性に優れているので、夏でも快適です。人間の寝具としては、ちょっと大きさ的にも、硬さやごわつき感などが気になるかもしれませんが、小さい犬用ならばまったく問題ありません。

 

 家で余っているクッションなどに、デニム生地のカバーをかけて(ファスナー留めなどにして)使うようにすれば、洗濯もしやすく簡単ですね。

 

 それに、生地が丈夫なので、洗濯機でも大丈夫なのも良いですよね。^^ (逆に、冬にはモコモコした起毛素材のカバーを付け変えるという事も出来ます。)


スポンサーリンク

 

犬用ベッドの紹介や手作りベッドについての記事-終わりに-

 

 さて今回は、市販されている犬用ベッドの、タイプ別の人気商品の紹介や、犬用ベッドを手作りする際のヒントなどについて、調べてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 ちなみに、筆者は手作りには自信が無いので(不器用で作れるかどうか不安なので)、”やはり市販のを買ってあげた方が良いのかな……”、なんて思ったりしてます。^^;(多分ヒョウ柄のベッドタイプを買いますね。)

 

 とにもかくにも、手作りするにしても市販の物を買うにしても、一番は「愛犬が気持ちよく寝られるようなベッドを用意してあげたい」ということには代わりありませんよね。

 

 なので、画面の前の皆さんも、ぜひ今回の記事を参考にして頂き、愛犬が熟睡できるようなベッドをチョイスしてあげてくださいね! それではまた会いましょう!

 

 最後に、初めて犬用ベッドに対面した時の、ワンコの反応を捉えた動画をご覧頂き、今回の記事の締めとさせて頂きます。

 

 初めて見るよく分からない物体に、吠えたり噛んだり引っ張ったりする姿に、同じ愛犬家としては頬が緩んでしまいますね。^^(YouTube/aki tukinoより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。