犬の眠りが浅いのはなぜ? 睡眠時間は短い長いどっち?


このページは約7分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーガールです。さて皆さんは、犬の基本的な睡眠時間がどの位なのかご存知でしょうか? まぁその辺が気になってこの記事を読まれているとは思いますが、どちらにしても犬というのは暇があればすぐにでも寝るので、どちらかと言うと寝ている印象の方が強いですよね。

 

 それと、こちらも実際に犬を飼われている方はお分かりかと思いますが、犬というのは大半が眠り自体が浅いです。ちょっとした物音などですぐに起き上がる為、良質な睡眠を取れるような環境を作らないといけませんね。

 

 という事は、犬というのは基本的に睡眠自体は浅いながらも、それを小分けにしながら長時間寝ているということになるのでしょうか?

 

 その辺のメカニズムを解決すべく、今回は、そもそもなぜ眠りが浅いのか?という部分を始めとして、その他にも、犬の基本的な睡眠時間はやはり短いのではなく長いのか?という部分について、詳しく調べて見ることにしましたよ!

 

 この記事を読んで頂くと、犬の睡眠についての疑問が解決すると思いますので、ぜひ最後までご覧下さいね^^ それではスタート!

 

犬の眠りが浅いのは何故なのか? 睡眠の大半がレム睡眠!?




 

 さて、それではまず、犬の眠りが何故浅いのかについて詳しく調べたので、そちらについて今からお伝えさせて頂きたいと思います。(まだ解明されていない部分もあるので、現時点で分かっている事を中心にご紹介させて頂きますね。)


スポンサーリンク

 

 という訳で、まずは犬の睡眠の大まかな概要についてですが、こちら皆さん聞いた事があると思いますが、睡眠には大きくレム睡眠とノンレム睡眠があります。

 

 ちなみに、その大きな違いは基本的に眠りが浅いか深いかという事になりますが、まずレム睡眠は眼球を動かしながら身体が寝ている状態を指していて、眠り自体は浅いです。それに対し、ノンレム睡眠は脳も身体も休んでいるので、基本的には熟睡しているという事になりますね。

 

 もうお分かりかと思いますが、眠りが浅い傾向にある犬は、大半がレム睡眠だと言われています。寝ている時の割合で言うと、8割がレム睡眠で2割がノンレム睡眠だと考えられているようですね。

 

 この事から、もしも犬が1日10時間の睡眠を摂っているとしたら、実はその2時間しか熟睡していない事になります。これには非常に驚きですよね(゚д゚)!

 

 その理由としては、やはり「野生動物の名残」が影響しているみたいです。これはどういう事かと言いますと、眠りが深いと外的に狙われやすいからですね。寝ている間は非常に無防備ですので、そういう時間を少なくする為に、眠りが浅いと言われています。

 

 要するに、その名残が現在も残っているという事になりますね。ですので、ワンちゃんが寝ている時に、大きな音がするとビクッと反応する事がありますが、正にこの状態がレム睡眠なんです。物音に瞬時に反応して、すぐにでも対応出来る状態にしているという事になります。

 

 番犬として犬を飼っている方にとっては、人の気配や物音に敏感に反応するので、そういった意味でも理に適っていると言えそうですね。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬の睡眠時間は短い? 長い? 年齢や犬種別の平均時間について




 

 さて次に、犬の基本的な睡眠時間は短い? やはり長いの?という部分について詳しく調べてみましたので、そちらについてご紹介して行きたいと思います。

 

 ここまでの内容で、犬というのは基本的にレム睡眠が大半で、基本的に眠りが浅いという事が分かりましたが、冒頭でお伝えした通り、やはりその中でもちょくちょく小分けしながら長時間寝ているのでしょうか?

 

 という訳で、早速その辺について調べてみましたが、まず全犬種の総合的な平均睡眠時間としては、こちら約11時間と言われているようです。人間の平均睡眠時間が6~9時間と言われていますから、それより2~5時間長いという事になりますね。

 

 また、こちらはブリーダーの方に聞いた話ですが、犬というのは成犬時(1~6歳)に平均約12~15時間ぐらい寝るという話もあったので、1日の半分以上は寝ている事になります。この事から、やはり犬の平均睡眠時間は長い傾向にあるという事が分かりますね。

 

 ちなみに、子犬(1歳未満)に関しては、身体を動かすとすぐに疲れてしまうので、成犬よりもかなり睡眠時間が長めのようです。何とその平均睡眠時間は約18時間!

 

 また、老犬(7歳以上)の場合もこの位の時間寝る傾向にあるようですが、でもパピーの時とは逆で、体力を温存する為に長時間睡眠を摂るようですね。という訳で、どちらも食事・散歩・トイレ以外は寝ている状態と言えるでしょう。


スポンサーリンク

 

 それから、この平均睡眠時間は犬種ごとにも異なってくるようで、まずセントバーナードのような超大型犬の場合は、睡眠時間が比較的長い傾向にあるようです。どの位の時間という事までは分かりませんでしたが、恐らく先述した成犬時の平均位は寝ているのではないでしょうか?

 

 ちなみに、これは何故かと言いますと、身体を動かす事による消費エネルギーが多いので、その分回復するのに時間が掛かるからのようですね。

 

 逆に、シベリアンハスキーのような作業犬は、体力があって活動的なので、比較的睡眠時間が短いみたいですよ。(柴犬なども元々は狩りで活躍していた犬ですので、平均睡眠時間が同じく約9~10時間と、平均より短い傾向にあるようです。)

 

 それから、日本で人気のある小型犬のチワワなどについてですが、こちらは散歩が好きなワンちゃんなら、平均約12時間位は寝るようです。

 

 また、同じく小型犬で人気のあるミニチュアダックスフンドなども、平均12時間程度は睡眠を摂るようなんですが、特に吠え易いワンちゃんなどは、体力を使うという事もありもっと長めみたいですよ。やはり吠えるという行為は体力を使うので、その分いくらか長めなんでしょうね。

 

 また、同じく小型犬のトイプードルとポメラニアンの場合ですが、こちらに関しては非常に活発なため、やはり平均約12~16時間ぐらいは寝ているようです。特に、ポメラニアンの方はブリーダーさんに聞くと、1日約18時間以上も寝るなんて話も聞きましたよ(゚д゚)!

 

以下オススメの記事

 

 という訳で、やはり犬の平均睡眠時間は人間よりも長いという事が分かりましたが、どちらにしても、犬の大半が1日の半分以上は寝ている事が分かり、”あ~、うちの子だけじゃないんだな~”と、改めてホッとしました。

 

 その背景には、睡眠が浅い事と体力の消費が密接に関わっているという事が分かりましたが、でも寝過ぎる事で、逆に疲れが溜まる可能性もあるようなので、その辺には気をつけて行きたいですね。飼い主として愛犬の睡眠の環境作りを、しっかりとやって行きたいと思いました。


スポンサーリンク

 

犬の眠りが浅い理由や睡眠時間の長さについての記事-終わりに-




 

 さて今回は、犬の眠りは何故浅いのか?という理由についてを始めとして、その他にも、平均睡眠時間は短いのか? やはり長いのか?という気になる部分について、詳しく調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 このように、犬というのは基本的に人間よりも睡眠時間が長いという事が分かりましたが、でもその中でもレム睡眠の時間が多いので、特に気配や物音などには気をつけて行きたいものですね。なるべく静かな環境作りをして、少しでも愛犬の熟睡出来る環境を整えてあげたいと思いました。

 

 また、子犬や老犬、超大型犬などは、その平均睡眠時間が比較的長い傾向にあるという事も分かりましたので、今まで愛犬が長時間寝ていて心配だった飼い主さんも、ご安心下さいね^^

 

 ただし、急激に睡眠時間が増えたり、日中は寝ているのに夜中だけ起き出すような事がある場合は、何らかの病気の可能性も考えられるようなので、その点だけは頭に入れておくようにしましょう。(何かあった場合は、なるべくすぐに掛かり付けの動物病院に連れて行ってあげて下さい。)

 

 という訳で、今回はこれにて記事を終了したいと思います。最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 ラストに、犬が安心して熟睡する為の、犬専用のヒーリングソングを提供しているYoutubeチャンネルを発見したので、そちらの音楽動画を紹介して、本記事の締めとさせて頂きます。

 

 こちら聴いていてかなり癒やされますし、何より提供している音楽の平均時間が4時間~9時間と長いので、かなりオススメですよ! ぜひ気に入った方はチャンネル登録してみて下さいね^^ (YouTube/Relax My Dogより)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。