犬の歯石除去の費用っていくら位? 保険は使えるの?


このページは約9分で読めます。

 

左吹き出し画像

 こんにちは、ドキシーボーイです。さて、先日愛犬の歯を磨く機会があったのですが、何やら以前より歯の表面に茶色い物質が付着している事に気付きました。

 

 これはどうやら歯石との事ですが、調べた所、「プラーク」という歯垢を放置しておくと、発生するんだそうですね。しかも、歯周病になる危険性もあるんだとか…。

 

 ちなみに、このプラークは、食べた残りカスに雑菌が混ざった状態で、尚且つ唾液中のカルシウム成分が沈着すると、表面に発生して行くようですが、いずれにしても、その後歯石として定着化すると、歯周病だけでなく歯肉炎になるなどの危険性もあるようです。

 

 しかも、一度定着化してしまうと、必死に歯ブラシでブラッシングしたとしても、爪でガリガリとやったとしても取れません。(私自身、必死にやりましたが駄目でした^^;)

 

 更に、そのまま放置しておくと、更なる歯石の定着化を呼び起こして、どんどんと広がるのだとか! これは何としても防がねばなりません。

 

 そこで今回は、歯石除去費用の相場や、保険は適用出来るのか?という気になる部分を始めとして、その他にも、自宅で出来るケアとして、歯石除去に適したスプレー商品などのランキング情報について、詳しく調べて見ることにしました。

 

 この記事を読んで頂くと、犬の歯石除去に必要なあれこれについて詳しく知る事が出来ますので、ぜひ最後まで御覧くださいね^^ それではスタート!

 

犬の歯石除去の費用はいくら位で保険は使えるのか?




 

 さて、という訳で、まずは犬の歯石除去の費用(金額)はいくら位で、保険は使えるのか?という部分について詳しく調べて見ることにしました。

 

 で、早速その結果ですが、こちら調べて見た所、どうやら費用の相場としては2万円~8万円くらいのようですね。(体の大きさによって異なる。) ちなみに、これは全身麻酔を使った歯石除去の費用の相場となります。

 

 もちろん、麻酔を使わない治療法などもあるようですが、それぞれのメリット・デメリットとしては、まず麻酔ありの場合は、犬に痛みや恐怖を与えずに治療が出来る反面、麻酔をかける事による体の負担や生命の危険性を伴うといったリスクがあるようです。

 

 また、麻酔なしに関しては、体の負担や生命の危険性といったリスクを回避出来る反面、痛みで暴れる可能性があるとの事ですね。この辺は、事前にかかりつけの先生とよく相談した方が良いでしょう。


【PR】Youtube始めました
インタレストTV


スポンサーリンク

 

 話を戻しまして、気になる内訳としては、「診察料」や「血液検査料」を始めとして、その他にも「麻酔料」や「レントゲン料」、「歯石処置料」や「ポリッシング料」となっているようです。

 

 また、追加料金として、歯石除去後の歯の表面に塗る「フッ素料」や、抜歯をした際などは、その「抜歯料」などが掛かる場合もあるようです。

 

 ちなみに、フッ素とは何ぞや?という話しですが、こちら治療後の再発を防ぐ為に、予防的な意味合いで歯の表面に塗るようですね。コーティングみたいなもんでしょうか?

 

 それと、抜歯に関しては、治療後に歯石で支えられていた歯がグラつくなどの症状が出た場合に、抜歯したりするようです。また、治療後に歯肉の縫合をしたりする必要性が出た場合は、そちらも追加料金として掛かります。

 

以下オススメの記事

 

 あ! そうそう、こちらを読まれている方の中には、治療の際は「日帰り」か「入院」かで疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、こちら基本的には日帰り治療となるようです。

 

 それともう一つ、こちらは余談となりますが、比較的に軽度なものであったり、日常的なデンタルケアという意味合いの歯石除去でしたら、トリミングサロンや、犬の歯の専門店などで、大体5千円~2万円以内位でやってくれる所もあるようですね。(もちろん、動物病院でもやってくれます。) 気になる方は、お近くのサロンを探してみて下さい。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

 話を戻しまして、犬の歯石除去に関して、保険は適用出来るのか?という事に関しては、こちら病気で無いケアや美容目的の場合は適用外で、現在進行系で歯周病などの症状が出ているような場合は、保険適用となるようです。

 

 いずれにしても、ワンちゃんの治療に関して、特に手術の必要性が出た場合など、かなり費用が高額になる可能性があるので、まだ保険に加入していないという方は、これを機に検討してみて下さいね。

 

 そうすることで、”こんなに料金がかかると思わなかった!”という事態も避ける事が出来ると思いますので。(実際に、そういった理由でワンちゃんを手放すという悲しい事例もあるようなので、尚更ですね。)

 

 ちなみに、以下の画像リンクから各保険会社を比較して試算する事が出来ます。お安いところだと、月々数百円から入れるところもあるようですよ! (筆者は、日常的な治療と、手術に特化した2社の保険に入っています。)


保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

 

犬の歯石除去スプレーを始めとしたランキング情報は?




 

 さて次に、犬の歯石除去に関して、やはり普段からのケアが大事という事で、ここでは犬の歯石除去スプレーを始めとした各種ランキング情報について、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 筆者の独断と偏見で選出したランキング情報とはなりますが、口コミ情報などを総合的に判断した結果となりますので、ぜひ参考にしてみて下さいね^^ では早速見て行きましょう!

 

第5位 – リデンタ 犬用 歯石ケアスプレー

 

 さて、第5位は「リデンタ 犬用 歯石ケアスプレー」という商品のご紹介ですが、こちらはビタミンC・ビタミンE・フラボノイドという成分を配合していて、口内感染症や歯肉炎を防いでくれるようです。

 

 レビューも概ね☆4つから5つが多かったですね。「愛犬の口臭がなくなった」という意見や、「歯石が取れた」という意見が目立ちました。

 

第4位 – 犬用 歯石・歯垢サプリ 食べる歯磨き革命

 

 さて、第4位は「犬用 歯石・歯垢サプリ 食べる歯磨き革命」のご紹介ですが、こちらの商品は、何と食べるだけでお口のケアが出来るという優れもの商品です!

 

 しかも、国産の無添加素材を使用しているので、その辺も安心材料です。特に、「プロポリス」という殺菌・抗菌作用がある物質が特徴のようで、歯が悪くなってしまう原因である、細菌を抑える効果が期待出来るとの事ですね。

 

第3位 – ビルバック C.E.T ベジデントフレッシュ

 

 さて、第3位は「ビルバック C.E.T ベジデントフレッシュ」という商品のご紹介ですが、こちらはいわゆるデンタルガムですね。中々歯磨きをさせてくれないワンちゃんやアレルギー持ちのワンちゃんなどに、動物病院でオススメされる商品のようです。

 

 「ザクロエキス」や「エリスリトール」という成分を配合していて、口内環境と腸内環境を整えつつ、歯石の除去もしてくれるという、優れもの商品のです。


スポンサーリンク

 

第2位 – ハウンドカム 犬用歯石取りスケーラー

 

 さて、第2位は「第2位 – ハウンドカム 犬用歯石取りスケーラー」という商品ですが、こちらは見ての通り、自宅で歯石取りする為に重要な商品となりますね。

 

 今まで布やウェットティッシュなどで落ちなかった汚れも、これだったらきっと取れるのではないでしょうか?^^ 歯石が溜まると口臭の原因にもなりますので、ぜひこういった商品を使って、普段からケアしてあげてみて下さいね!

 

 スケーラーの使い方が分かる関連動画を発見したので、ぜひ参考がてら観てみて下さい。(Youtube/endokazuhiro0109より)

 

第1位 – Dr.YUJIRO パーフェクトセット

 

 さて、筆者調べの堂々の第一位は、「Dr.YUJIRO パーフェクトセット」という商品ですが、こちらの商品は、犬の歯科専門の獣医師さんが開発した商品となります。

 

 ちなみに、このDr.YUJIRO パーフェクトセットは、ジェル商品とパウダー商品がセットになった商品となりますが、植物成分の「フィトンチッド」と、「ハタ乳酸菌」という天然成分を配合しています。なので、安心して愛犬の口内環境を整えられますね^^

 

 また、こちらの商品ですが、なんとレビューが1,000件を越えています! という訳で、かなりの人気商品という事が分かりますね^^ 筆者は今回試しに1つ買ってみる事にしました。

 

 という訳で、今回筆者が色々と調べた中で、総合的にオススメ出来る商品をいくつか厳選してご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか? 気になる商品がありましたら、ぜひ実際に使用してみて下さいね^^


スポンサーリンク

 

犬の歯石除去の金額やランキング商品情報-終わりに-




 

 さて今回は、犬の歯石除去の費用や保険適用に関する情報を始めとして、その他にも、歯石除去に適したスプレー商品を始めとしたランキング情報について、詳しく調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 このように、歯石というのは、最悪放っておくと歯肉炎や歯周病などの原因となりますので、なるべく普段からきちんとしたケアをしつつ、定期的な歯石の除去を心がけてあげたいものですね。

 

 そうする事で、愛犬も健康的な生活を送る事が出来ると思いますし、長生きにもつながると思いますので、ぜひこれを機にその辺を考えてみて下さい^^

 

 いずれにしても、人間同様に、犬も「まんべんなく歯を使って食べる」という事は非常に大事なことですので、顎を鍛えるという意味でも、やはり歯のメンテナンスは大事ですね。

 

 という訳で、少々長くなってしまいましたが、以上、犬の歯石除去に関する記事でした。最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 ラストに、実際の犬の歯石除去の様子を収めた、動物病院の動画を発見したので、参考という意味でもご覧になってみて下さい。歯石って壁のようにデカいものもあるんですね! かなりビックリしました(゚д゚)! (Youtube/familyah)

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。