犬の皮膚アレルギーは食べ物が原因? 検査の値段はいくら?


このページは約7分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちはマルPAPAです。さて、ワンちゃんを飼っていると思うのですが、いつもと違う行動や症状が現れたりすると、かなり不安になりますよね。例えば、目が赤くなったり、常にどこかをかいていたり、嘔吐や下痢を繰り返したりなど…。

 

 そんな時は、犬が何かしらのアレルギーを発症している可能性があるそうです。ちなみに、生後1年未満の赤ちゃん犬にもそのような症状が現れることがあるようですが、生まれた時からだと、飼い主の方も病気と気づかずに見過ごしてしまう可能性もあるかもしれませんよね。


スポンサーリンク

 

 そこで今回は、犬の皮膚アレルギーの症状などについて、詳しく調べてみることにしました。また、もし発生した場合に、獣医さんに検査をしてもらう場合の費用はいくら位になるのかなど(値段)も、詳しく調べてお伝えしたいと思います。

 

犬の皮膚アレルギーは食べ物が原因? 症状はどんな感じなの?


画像はイメージです。
dog-a735

 

 さて、という訳で早速調べてみると、犬のアレルギー性皮膚炎の中で最も多いのが、「アトピー性皮膚炎」なんだそうです。そこに「食物アレルギー」や「ノミアレルギー」などが併発してしまうことも多いようですね。(ちなみに、症状が現れた場合には、その原因を絶つことで改善を見込めるとのことです。)

 

 続いて、気になるアトピー性皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)の詳細についてですが、どうやら皮膚炎だからと言って皮膚に炎症が出来るだけではないようです。具体的には以下に挙げられるようなものがあります。

 

  • 脱毛、耳の感染症、赤目や涙目、腫れや痒み、くしゃみ、下痢、嘔吐、おなかの張り、発熱、鼻炎。etc…。

 

 このように、一口に犬のアトピー(アレルギー)性皮膚炎の症状と言っても、実に様々な症状があり、一度発症してしてしまうと、これらの症状も併発する可能性があるという事ですね。

 

 ですので、上記のような症状が表れて、なかなか治らずに長引いている時には、何かのアレルギーの可能性を疑った方が良いかもしれません。また、冒頭で書いたように、生後1年未満の赤ちゃんでもアレルギー症状を発症することがあります。

 

 例えば、うんちの回数がやたら多かったり、いつもどこかを痒そうにしていたりなどです。その他にも、口や目、背中などに炎症が出てしまっている場合は、「食物アレルギー」の可能性が高いそうですね。なので、子犬を飼い始めたばかりの方などは、特にこの辺に注意して見てあげましょう。

 

 では次に、肝心のアトピー性皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)の原因についてですが、一体どのようなものがアレルギー症状の原因になるのでしょうか? で、早速調べて見たところ、ズバリ「ノミ」「ダニ」「花粉」「食べ物」などがあるようです。(そのワンちゃんの抗体や免疫によって異なります。)

 

 ですので、まずは何が原因でアレルギーを引き起こしているのかを確かめることが重要なんだそうです。それら絶つことで、健康な体に戻してあげることが出来るとの事ですね。

 

 ですが、ノミ・ダニや花粉などは、清潔な環境を作ってあげたり、花粉時期にあまり外に出ないなど、比較的簡単に対処が出来ますが、食べ物となると、一体どの成分がダメなのか詳しく調べる必要があるので結構大変ですよね。

 

 ちなみに、主なアレルギー源となるのは「タンパク質」だそうで、2015年にドイツの大学が発表した調査結果によると、犬がアレルギーにかかりやすい食品は、「牛肉」「乳製品」「鶏肉」「小麦」「大豆」「ラム肉」「卵」「トウモロコシ」「米」「魚」「豚肉」の順だそうです。

 

 これだけ見ると、”え? うちの子は、牛肉とかチーズとかの乳製品がめっちゃ好きなんですが?”って感じですが、別にこれら全てがアレルギー症状を引き起こす食品という訳ではないようで、その犬別に、各々の食品の中に含まれる成分によって引き起こされるようですね。

 

 要するに、「どの成分がアレルギー源(アレルゲン)なのか」を突き止める事で、アレルギー症状を防止出来るようです。(この辺は素人ではどうにもなりませんので、かかりつけの獣医さんに相談した方が良いでしょう。)

 

 それと、この食物アレルギーについて調べていたところ、実はドッグフードには、アレルギーのあるワンちゃん達のために、そういったアレルゲンを含まずに作っているものもあるようですね。ですので、餌にはこのようなアレルギー対策をしてあるものを選ぶと良さそうです。


ピュリナワンドッグ/1歳以上/食物アレルゲンケア/小粒サーモン(4.2kg)

 

 ちなみに、中には”心配なので自分で作ったものを食べさせてあげたい”という方もいらっしゃると思います。そんな方は、アレルギー源を含まないドッグフードやおやつなどを、本を参考にしながらご自分で手作りしてみるのも良いかもしれません。

 

 ただし、ご家庭で作る場合には、きちんとした知識がなければ、効果を得られない可能性もありますので、こちらも本だけでなく、事前に獣医さんに相談するなどしながら作りましょう。


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

犬のアレルギーに関する検査費用(値段)はいくら?

 

 さて、犬のアトピー(アレルギー)性皮膚炎の症状や原因について分かったところで、次にアレルギー検査について書いて行こうと思います。愛犬に気になる症状が出てきた場合には、素人では本当にアレルギーなのか判断しきれませんよね。ワンちゃんの為にも、いち早く病院で検査をしてあげるのが安心だと思います。

 

 そこで、気になるのは、やはりその費用だと思います…。トリマーもそうですが、ワンちゃんを飼っていると何かと諭吉さんが飛んでいきます。^^; (その分いつも癒してくれますが、やはりキツイことには変わりません。) 検査となると、ある程度は覚悟しておいた方が良いのでしょうか?

 

 ということで調べてみると、まず費用の前に、犬のアレルギー検査には2つの種類あるということで、一般的なアレルギーの検査には「IgE血液検査」、食物アレルギーの検査には「リンパ球反応検査」などがあるようです。

 

 なので、検査をする前に獣医さんに、正確なワンちゃんについての症状を伝えることで、ある程度の目星をつける事が出来るそうです。(このときに、いつからどのような症状が出ているのかなどを、正確に伝えらるようにしておきましょう。)

 

 その後、必要な検査を受けて結果を待つということですね。ちなみに、1番気になる金額はと言うと、一般的には一つの検査におよそ2~3万円程度かかるということなので、どちらも行う場合には5~6万円程になるようです。

 

 わ~お、やはり結構しますね。背に腹は代えられませんが…。^^; それと、その症状や検査を受ける病院によっても値段が異なるようなので、場合によってはこれ以上行くかもしれません。なので普段から余裕をもって積立などしておくと良いかと思います。

 

 それと、ペット保険などに加入されている方などは、契約内容によっては保険が効くかもしれませんので、一度その辺をしっかりと確認しておきましょう。(ここが1番重要なのではないでしょうか?)

 

 ちなみに、まだ保険に加入されていない方は、以下から一括比較&資料請求する事が出来ますよ。^^


保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

 

 話を戻しまして、、検査結果が出るまでには1週間~3週間程度かかるそうです。もちろん、検査結果が全てという訳ではないので、その後も獣医さんのアドバイスをもらいながら、きちんとケアをしてあげましょう。

 

犬の皮膚アレルギーについての記事‐終わりに‐

 

 さて今回は、大切なワンちゃんが皮膚アレルギーになった場合に備えて(もしくは今現在なっている場合)、原因や症状、検査費用などについて見てきましたがいかがでしたでしょうか? このように、もしも気になる症状がチョットでも見られるような場合には、出来るだけ早く病院に連れて行ってあげましょう。

 

 それと、アレルギーはすぐに治るものではないので、治療には長い期間かかるかもしれません。ですが、原因さえ分かれば、毎日の食事や環境をちょっと変えてあげるだけで改善が見込めるので、なるべく早く見つけてあげて、治してあげられるようにしましょうね。^^

 

 という訳で最後に、Youtubeで犬のアレルギー対策としての、ドッグフードの手作り動画を発見しましたので、そちらをご紹介してこの記事を締めたいと思います。体に良さそうですね!(Youtube/ドッグガレージチャンネルより)


スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
 当サイト管理人。週に20時間以上は、ひかりTVやdTVで、アニメ・映画・テレビ番組を観るという猛者。最近は「アメリカお宝鑑定団ポーンスターズ」や「カウンティング・カーズ」などにハマり中。他にも車をDIYでいじったり、まだ行ったことがない公園やドッグランなどを開拓する事が好きです。愛犬同様に"ワン"ダフルな男を自負しています。(30代半ばですがw)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。