犬の飛行機による負担やストレスは? 国際線は機内持ち込み出来る?


このページは約6分で読めます。


 
左吹き出し画像

 こんにちはドキシーガールです。さて、愛犬家の皆さんは、海外旅行に行く時ってワンちゃんはどうされていますか? やっぱりペットホテルなどでしょうか? でも出来ることなら一緒に連れて行きたいですよね!

 

 ですが、犬にとって飛行機に乗るということは、どれくらいの負担やストレスがかかるのかという部分も無視出来ません。^^; 中には車に乗ることさえも嫌がるワンちゃんもいますからね。それに、そもそもそのようなサービスがあるかどうかも気になるところです。


スポンサーリンク

 

 実は以前、海外のネット上で、「飛行機に乗ったら前の席に座っていたのが大型犬だった」ということで話題になっていたこともあるようですね。(確かにびっくりします!(゚Д゚;))…と言うことは、機内持ち込み出来るということでしょうか?

 

 そこで今回は、“そもそも犬と一緒に飛行機に乗ることが出来るのか?”ということや、出来るとしたら「犬にとってそれがどれほどの負担やストレスなのか?」、「軽減させる為にはどうすればよいか?」という気になる部分について、詳しく調べてみる事にしました!

 

犬と飛行機でお出掛け! 国内線でペットサービスがある会社は?

dog-plain852

 

 さて、まずは「犬も飛行機に乗れるのか?」ということですが、ズバリ答えはYESです! 最近では、ペットを飼う方が増えているのに伴い、一緒にお出掛けできるサービスを行っている航空会社が増えているようです。

 

 ちなみに、そのようなサービスを行っている具体的な航空会社ですが、国内線だとANAの「ペットらくのりサービス」などがあります。こちらは、一部路線を除き、6,000円で30分前までに受付をすれば、事前予約不要で預けることが出来るようです。

 

 また、JALの「ペットとおでかけサービス」では、路線によって3,000~6,000円で預けることが出来ます。(こちらも、ANA同様30分前までに受付を済ませれば、事前予約不要です。)

 

 さらに、スカイマークでは全路線10kgまで一律5,000円(1㎏ごとに500円増し)で預けることが出来ます。こちらは事前予約が必要で、登場1時間前までに手続きを済ませてください。

 

 その他にも、AIRDOやソラシドエアはANAへの委託で、スターフライヤーなどでも行われているようなので、それぞれの航空会社に問い合わせてみていただければと思います。

 

 また、いずれの航空会社も、ソフトかハード素材のケージに入れて、受託手荷物として預けることになります。それと、夏などの暑い時期には、熱中症などのリスクを避けるために、ブルドッグやシーズーなどの短頭犬種は預けられない場合もあるそうです。

 

  • ■2016年5月22日追記

 

 ANAが、国内線初の犬と同伴出来るチャーター便を暫定的に開始したようですね! 今まで匂いや鳴き声を理由に愛犬を貨物室に預けていた飼い主さんにとって、こうやって同伴で乗れる便が登場したという事は、非常に大きな一歩なのではないでしょうか?

【ソース】NHK Online/ペットと一緒に空の旅 国内初チャーター便運航

 

 ちなみに、犬用の搭乗券なども発行されるそうですよ! なので、一緒に空を楽しめるだけでなく、良い記念としても残りそうですね。^^ 今後どんどん普及して行くことを願います。(気になる動画はこちらからどうぞ。)


スポンサーリンク

↓当ブログ内の検索にご利用ください↓

 

今年は愛犬と飛行機で海外へ! 国際線は機内持ち込み出来るって本当?

 

 さて、続いて国際線についても見ていきましょう。先ほどお伝えした通り、日本の航空会社では、受託手荷物として預けることになりますが、どうやら海外の航空会社では、小型犬などは機内持ち込みが出来るんだそうです! 以下Twitterより引用



 Wow!(゚Д゚;) なんだか不思議な光景ですが、人間と同じようにワンちゃんにもしっかり座席がありますね( *´艸`) これなら飼い主さんも愛犬と一緒にいられるので、預けられるよりも安心して乗ることが出来そうです。

 

 ちなみに、こういった機内持ち込みが可能な航空会社は、調べた所スターアライアンスでは、ユナイテッド航空、エア・カナダ、スカンジナビア航空、スイスインターナショナルエアラインなどがあります。

 

 また、スカイチームでは、デルタ航空、エールフランス航空、大韓航空などがあり、ワンワールドではアメリカン航空、フィンランド航空、フィンランド航空などが、こういったサービスを行っているそうです。

 

 その他にも、アライアンスに加盟していない航空会社では、アラスカ航空やサウスウエスト航空、エアトランなどがあり、色々な航空会社が機内持ち込み可能となっているので、事前にご利用になる航空会社に問い合わせてみて下さい。(結構OKな所が多いと思います。)


JTB/海外旅行予約

 

飛行機の犬への負担やストレスは? 軽減するにはどうすればいい?

 

 さて続いては、ワンちゃんと一緒に飛行機に乗る際に、最も注意したい問題でもあるストレスや負担についてですが、こちらはどうなっているのでしょうか?

 

 まず、手荷物として預けた場合には、ワンちゃんたちは貨物室で乗ることになります。その流れとしては、「手荷物預かりカウンターで手続き(同意書なども提出)」→「出発直前に貨物室へ運ばれ登場」→「離陸」→「貨物室から手荷物受取エリアに運ばれる」→「飼い主の元へ」という感じです。

 

 この時、離陸後の貨物室の中は、客室内と同じように温度調節こそされていますが、貨物室の中は真っ暗で、エンジン音などの大きな音や飛行機の振動などで、ワンちゃんにとっては非常に大きな負担となります。

 

 特に、初めて飛行機に乗るような場合には、いきなり狭いケージの中で、飼い主とも離れたった一人で暗闇の中に置かれてしまう訳ですから、不安とストレスでいっぱいになるはずです。

 

 ですので、出来るだけの対策をとるとすれば、飼い主の匂いが付いたタオルなどを一緒に入れて置いたり、夏場は冷却シート、冬場は普段使用している毛布などを一緒に入れておくなどをしてあげると、不安を和らげさせる事が出来るかもしれません。

 

 また、国際線の場合は、前述した通り機内持ち込みで飼い主が側にいてあげられるので、手荷物として預けるよりは安心ですが、他にもたくさんの人がいたり、普段とは全く異なる状況になるので、やはりストレスは相当のものだと思います。

 

 なので、こちらも普段使用している毛布やクッションなどを敷いてあげると良いかもしれません。それと、飛行機に乗る前には、いつでもケージの中で一人でもいられるように、少しでも慣れさせておくと良いと思います。

 

 ですが、中には体質的にどうしても乗り物自体が苦手なワンちゃんもいるので、そういった場合はペットホテルなどに預けるなど、愛犬の性格や体調に合わせて、どのようにするかしっかり考えてあげましょう。

 

犬が飛行機に乗った際の負担やストレスについての記事-終わりに-

 

 さて今回は、愛犬と飛行機でお出掛けする際に、ワンちゃんはどういった扱いになるのか?という部分を始めとして、その他にも、負担やストレスに加えて、対策法などについて調べて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 こうやって見みると、海外に行く際には、意外にもかなり多くの航空会社が機内持ち込みOKという事が分かりましたが、やはりワンちゃんにとって飛行機はかなり負担となるので、事前に愛犬の現状をよく考えてあげてから、連れて行ってあげた方が良さそうですね。

 

 特に初めての場合は、かかりつけの獣医さんなどに相談してみたり、事前に練習するなどして、出来るだけストレスを軽減してあげられるような方法について、理解を深めて行く必要がありそうです。

 

 それでは最後に、アメリカで話題の超肥満犬の「ハンク」が、飛行機でファーストクラスに乗るという動画をご紹介して、この記事を締めたいと思います。う~ん、優雅だな~w(Youtube/TomoNews Japanチャンネルより)


スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
 数人のライターが「ドキシーボーイ」と「ドキシーガール」を名乗り、このブログの管理人である"マルPAPA"の情報発信のお手伝いとして、犬関連の豆知識やお役立ち情報(主にダックスフンド)、最新の犬トレンド情報やイベント情報などを、交互に寄稿しています! (最後に、読者の方が読みやすいように、編集スタッフが文章と構成を統一化してからアップロードしています。)

 今回の記事が、ちょっとでも"役に立った!"と感じられましたら、各種ソーシャルボタンでシェアして頂けると嬉しいです^^

 

以下オススメの記事

 

関連記事

 

[Featured Articles & Ads]

 

トップページ | お問い合わせ

 以下のコメントですが、本文以外の各項目は任意となっておりますので、お気軽にコメントして頂けたらと思います^^! (ただ、スパム対策の一環で、画像認証文字の入力の方だけお願いしております。)

 皆さんの体験談や悩み解決法などを書き込んで頂いて、この記事を読まれている全ての飼い主さんやワンちゃんの生活を、より豊かなものにしていきましょう!

🔻この記事内容に一言突っ込みor体験談(悩み解決法)を書き込む!🔻

 
メールアドレス(任意・公開されません)
*コメント本文(必須)

 *以下ボックス内に数字を入れた事を確認してから、上記の送信ボタンを押して下さい。

 投稿して頂いたコメントですが、申し訳ありませんが即時反映はしておりません。編集スタッフが、暴力的なコメントや中傷コメントなどが無いか確認した後に掲載しておりますので、予めご了承ください。

 

左吹き出し画像

 0歳~5歳までのペットの平均手術率は、60%を越えるってご存知でしたか?

 

 皆さん、どうも当サイト管理人のマルPAPAです。さて突然ですが、自分の飼っている愛犬というのは、いつまでも健康でいて欲しいものですよね。しかしながら、とあるペット大手ペット保険会社の、5歳までの平均手術費用請求率を見てみると、なんと60%以上という数値が…。

 

 しかも、更に驚きなのが、その平均手術診察費用が140,000円以上という高額! ペット保険に加入していない場合、このような高額な手術費用が全て自己負担になるのです。

 

 これって金銭的に余裕のある人や、クレジットカードなどを持っている人は払えるかもしれませんが、そうでない場合は…。考えただけでも恐ろしいですよね。これがペットを途中で手離す人が多い原因でもあるようです。

 

 という訳で、人間のような健康保険制度が無いからこそ、今こそペット保険に加入して、安心を手に入れる必要があるのでは無いでしょうか? 可愛いワンコの為にも、是非とも飼い主としての義務を果たしておきたいところですよね。

 

 ちなみに、当方は某大手2社のペット保険に加入しております。(ア○コムとア○ペットです。) 片方は平均的に保証が充実しているプランで、もう片方は手術に特化したプランの保険です。

 

 加入すると、以下のような「どうぶつ健康保険証」を貰えるので、後は自動的にその保証割合が引かれた金額のみを、動物病院の窓口で支払うだけなので、かなり便利ですよ♪ (その後は、病院側が保険会社に請求してくれます。)

 

 話を戻しまして、「でも正直ペット保険とか初めてで、一体どこを選べば分からないし、それに使わないと勿体無いよね…。何より高いんじゃ無いの?」という意見もあると思います。

 

 ですが、ご安心下さい。今の時代、個人情報を入力せずとも、試しに保証内容や費用などを、一括比較出来るサイトがあるんですね~♪ これなら、それぞれの保険会社のサービスなども比較が簡単に出来ますし、皆さんの愛犬の健康状態に合ったプランなども選べますよね。

 

 しかも、調べた所、なんと今なら月々数百円程度から入れるペット保険があるようです! という訳で、興味がある方は、ぜひ以下から試しに覗いてみて下さいね^^

 
 

犬漫画まとめ!

犬 漫画 画像

犬の顔文字まとめ!

犬 顔文字 画像

世界の超巨大な犬達!

超巨大な犬 画像

可愛いmix犬16選!

mix犬 画像

爆笑犬の画像!

笑う犬 画像

笑える犬の動画!

笑う犬の画像

11年後に涙の再会!

盲導犬 画像

オススメの誕プレ!

犬 プレゼント 誕生日 画像

ヤブイヌって何?

ヤブイヌ 画像

ディンゴって犬なの?

ディンゴ 画像

ドール犬とは!?

ドール Cuon alpinus 画像

リカオンって何だ!?

リカオン 画像

犬の防災グッズ!

犬 防災グッズ 画像

オスの名前で人気は?

犬 オスの名前ランキング 画像

海外で人気の名前は?

海外 犬の名前ランキング 画像

小型犬ranking!

小型犬 ランキング 画像

賢い小型犬ranking!

賢い小型犬 ランキング 画像

人気犬種ranking!

日本で人気 小型犬 中型犬 大型犬 ランキング 画像
error: アラート: コンテンツは保護されています。